自治会の皆さん 「美幌町地域サポーター制度」を ご活用ください

2017年5月30日

美幌町地域サポーター制度って何?  

 本来の地域コミュニティ活動は、地域住民の皆さんが自ら行う活動であり、「自分たちの地域は、自ら考え、みんなで解決していくこと」が大切です。

地域の方々が、自らの地域をどうすべきか真剣に考え、町政に反映できるよう、町職員がサポーターとして地域と行政のパイプ役を担うことになりました。

 

 

美幌町地域サポート職員の役割は

地域サポート職員は、町の予算や事業等についての情報提供や、地域の課題やまちづくりについて話し合い、解決策を見いだすために支援する役割を担います。

 

 

自治会はどうしたらいいの?

地域内での課題、問題等が生じた場合、まずは地域内で課題解決に向けた話し合いを持っていただきますが、地域だけで解決できない場合、自治会から相談したい旨申し出てください。地域サポート職員が出向き、「地域サポート会議」で話し合いを行います。

 

 

美幌町地域サポート会議って何?

自治会と地域サポート職員の話し合いの場です。原則、地域集会室など話し合いの場所を自治会で用意して頂きます。

 

【例えば、こんな話し合いをします】 

「地域で除雪や砂利道の補修ができないか?」

「地域の環境整備で花を植えたいが公共用地や道路用地が使えないか?」

 などの話し合いをします。

 

 

まずは、気楽に話し合えるつながりから

自治会長さんや自治会三役と日常的に気軽に話し合える「自治会と行政のパイプ役」となることからはじめていきます。

下記職員がサポートします。

H29地域サポート職員体制.pdf(210KB)

 

 

今までの陳情、要望、苦情の窓口は変わるの?

今までどおり「住民活動担当」が窓口です。陳情、要望、苦情以外の地域の課題、問題について職員がサポートします。

※ 本制度について、不明な点がありましたら下記の担当までお問い合わせ下さい。

 

お問い合わせ

総務部
まちづくりグループ住民活動担当(内線 346)
電話:0152-73-1111
ファクシミリ:0152-72-4869
ホーム くらす 行政 学ぶ・楽しむ 観光・魅力