へき地保育所の入園の手続き・保育料のお知らせ

2017年7月28日

保育園(所)は、児童福祉法に基づいて設置されたもので、保護者の稼働、疾病、その他の事情により家庭で保育できないお子さんを家庭に代わって保育する施設です。  

 

美幌町には下記の3へき地保育所があります 

 

保育所 所在地定員
上美幌保育所 美幌町字美富416番地の12 50名
福住保育所 美幌町字福住635番地の1 50名
田中保育所 美幌町字田中466番地 50名
     

※ 入所対象年齢は、3~5歳児です(保育所所在地の地元のお子さんの場合は、2歳児も入園できます)。

保育所に入園できる基準について

保育園(所)に入所できる基準は、保護者が次のいずれかの状況にあり、同居の親族・その他の方のいずれもがお子さんを保育することができないと認められる場合です。

1.児童の保育者が、昼間家庭外で仕事をすることを常態としているため、その児童の保育ができない場合。

2.児童の保護者が、昼間家庭内で日常の家事以外の仕事をすることを常態としているため、その児童の保育ができない場合。

3.児童の母親が妊娠中であるか、または出産後間がない場合。

4.児童の保護者が病気、または心身に障害を有しているため、その児童の保育ができない場合。

5.長期にわたり病気、または心身に障害を有する同居の親族を常時介護しているため、その児童の保育ができない場合。

6.震災、風水害、火災、その他の災害復旧にあたっているため、その児童の保育ができない場合。

7.就学:資格取得のための就学、職業訓練校の利用などで、児童を保育できない場合。

8.求職活動:児童の保護者が就労活動中の場合(入園後90日以内に就労場所を報告すること)。

9.前各号に類する状態にあるため、その児童の保育ができない場合(資格取得のための在学など)。

 

 

 

入所申込書の受付について

入所申込書は、随時児童支援グループ(しゃきっとプラザ2階)で受付けしています。

※新年度の入所申込は、1月初旬から児童支援グループ(しゃきっとプラザ2階)で行います。 

 

入所児童の選考について

保育所は、保育が必要な児童を保育することが目的ですので入所の決定は、事情聴取及び必要に応じ、家庭の実情などを調査し、保育の必要性が高い児童から入所決定いたします。

 

 

入園申込みの時に必要な書類について

入園申込みに必要な書類は、次のとおりです。

施設給付費・地域型保育給付費・支給認定申請書兼保育園入園申込書

・入園希望されるお子さん1人につき、1枚必要です。

 

健康保険証

・お子さんの年齢、家族構成の確認のため、必ず持参して下さい。

 

母子健康手帳

  ・申請しているお子さんの母子手帳を持参して下さい。入園できる基準の内 3.の理由により申込みされる方は、その子の母子手帳を持参して下さい。

 

保育が必要であることを証明する書類

 a.雇用証明書

  ・お子さんと同居されている方で、お勤めをされている方全員について、勤務先から証明を受けて提出して下さい(予定雇用も含む)。

 b.家庭内職証明書

  ・母親、祖母などが内職をしている場合は、事業所の証明を受けて提出してください。

 c.事業稼働申告書(自家営業用)

  ・自家営業の方は、家族の稼働状況等を記入のうえ、提出して下さい。

 d.診断書

  ・入園できる基準のうち、4. 5.の理由により申請される方は、診断書を提出して下さい。

 e.在学証明書

  ・保護者が資格取得のため在学している場合は、その証明書を提出して下さい。

  

保育料について

入所するお子さんの世帯等の課税状況により決まります

 ■1人目の保育料

区分保育料(へき地)長時間保育料
保護者が被保護者の世帯・市町村民税非課税世帯 0 円 0 円
市町村民税均等割のみ課税世帯 9,100 円 1,200 円
市町村民税所得割課税世帯 11,500 1,200 円   

 

 ※ただし、要保護者等のいる世帯(ひとり親など)で市町村民税均等割のみの課税世帯は1人目保育料が4,050円、市町村民税所得割合算額が48,600円未満の世帯は5,250円、市町村民税所得割合算額が77,101円未満の世帯は5,750円となります。さらに、2人目以降の保育料は0円となります。

 

多子軽減による2人目以降の保育料について(1人目0円の世帯、要保護者等のいる世帯で市町村民税所得割合算額が77,101円未満の世帯を除く)

 ・18歳未満で扶養している(生計を同一にしている)兄姉がいる方は、その方から数えて2人目は表の金額の半額、3人目以降は0円となります。

 ・市町村民税所得割合算額が57,700円未満の世帯、又は要保護者等のいる世帯で市町村民税所得割合算額が77,101円未満の世帯では、1人目と数える最年長の方の上限年齢はありません。生計を同一にしている特定被監護者等であれば、町外居住者も含みます。

※長時間保育料は半額、0円にはなりません。

 

☆平成29年度から、次の条件にあてはまる世帯で2歳児の2人目以降の保育料を0円としました。

 ・市町村民税所得割合算額が169,000円未満の世帯で、2歳児の2人目以降に該当する場合、上記に係わらず保育料を0円としました。この場合、生計を同一にしている特定被監護者等であれば、1人目と数える最年長の方の上限年齢はありません。

※長時間保育料は半額、0円にはなりません。

 

保育時間について

平日 午前8時~午後4時まで、土曜日 午前8時~午後12時までです。

長時間保育は、月曜日~金曜日の午後4時~午後5時までです。

日曜日、祝祭日は、お休みです。

 

ホーム くらす 行政 学ぶ・楽しむ 観光・魅力