保険料の納め方(後期高齢者医療制度)

2011年4月27日

後期高齢者医療保険料の納め方は、「年金からのお支払い」と「口座振替」から選ぶことができます。

 

年金からのお支払い

手続きの必要はありません。年金からのお支払いの場合は、被保険者本人に社会保険料控除が適用されます。

ただし、次にあてはまる方については「納入通知書(納付書)」または「口座振替」により納めていただきます。

 

年金からのお支払いができない方

・介護保険料が年金から引かれていない方

・介護保険と後期高齢者医療の保険料が、介護保険料が引かれている年金の受給額の半分を超える方

・後期高齢者医療制度に加入したばかりの方

・年度途中に保険料が変更となった方(年金からのお支払いになる場合もあります)

 

※申し出により「年金からのお支払い」をやめた方で、「年金からのお支払い」に戻したい方は申請が必要になります。被保険者本人の印鑑をお持ちのうえ、役場の医療給付担当(窓口3番)にて手続きをお願いします。

 

口座振替

口座振替を希望される場合は

 

・通帳

・金融機関への届け印

・被保険者本人の印鑑(「年金からのお支払い」から「口座振替」に変更する場合)

 

をお持ちのうえ、役場の医療給付担当(窓口3番)にて手続きをお願いします。

 

口座振替によるお支払いの場合は、口座の名義人の方に社会保険料控除が適用されます。

 

ご注意いただきたいこと

・国民健康保険税を口座振替で納めていた方も、振替は継続されませんので、改めて手続きが必要です。

・「納付書払い」から「口座振替」に変更する場合は、申請した月の翌月から振替開始となります。

・「口座振替の申し込み」だけでは「年金からの支払いをやめる」ことはできません。別途申請が必要となりますのでお申し出ください。

・「年金からのお支払い」から「口座振替」に切り替わる時期は、申し出の時期により異なります。

お問い合わせ

民生部
環境生活グループ 医療給付担当(内線 281・282)
電話:0152-73-1111
ファクシミリ:0152-72-4869
ホーム くらす 行政 学ぶ・楽しむ 観光・魅力