ふるさと納税制度とは

2017年1月30日

  ふるさと納税とは「ふるさとを大切にしたい」「ふるさとの発展に貢献したい」「大好きなあのまちを応援したい」という気持ちを形にしようとするもので、ふるさとなどの自治体へ寄附を行った場合、確定申告により、個人住民税などが軽減される制度です。

制度の概要【総務省資料】 

  美幌町では、ふるさと納税としての寄附金を『~ひとがつながる、みらいへつながる ここにしかないまち びほろ~』の実現を目指し、大切に活用させていただきます。美幌町の発展のために応援しようとする気持ち、美幌町を愛する想いを寄附金というかたちでお寄せください。皆様の応援を心からお待ちしております。

 

寄附金控除について

 寄附金の控除対象者は、所得税や住民税(道民税・市町村民税)の納税義務者で、出身地に限らず、全国すべての市区町村・都道府県に寄附した場合でも控除の対象となります。
 この制度による控除を受けようとする場合には、最寄りの税務署で確定申告をしてください。
 なお、住民税だけが課税される方は、お住まいの市区町村で手続きをしてください。

 

 

寄附金控除の流れ(イメージ図)                         

 

美 幌 町

 

がんばる美幌町

「~ひとがつながる、

みらいへつなげる

ここにしかないまち

びほろ~」

の実現を目指します

 

①寄附

 

 

 

 

 

 

②寄附受領書

 

 

 

 

家族

 

寄附者

③確定申告

 

 

 

④所得控除

 

 

 

 

⑥住民税納税通知

 

 

 

⑦住民税納付

 

 

 

zeimusyo.gif

 税務署

 

    

 

 ⑤申告書

 

     

 

yakuba.gif

 居住地

市区町村

 

  

全額控除される寄附額の目安(平成27年以降)【総務省資料】

控除額の目安【総務省資料】 ~ 控除額の計算ができます。 

   

 

 ふるさと納税ワンストップ特例制度について

 確定申告の不要な給与所得者等がふるさと納税を行う場合、確定申告を行わなくてもふるさと納税の寄附金控除を受けられる仕組み「ふるさと納税ワンストップ特例制度」が開始されました。

 

▼ワンストップ特例の対象者は、下記のいずれも満たす方となります。 

 

・確定申告が不要な給与所得者等である。 ⇒ 対象者について(フローチャート)

・ふるさと納税の納付先が5団体以内までであること。

   

 手続きの方法について(手順)

  美幌町ふるさと寄附金にお申込みの際に、「寄附金税額控除に係る申告特例申請書を要望する」にチェックを入れ、「性別」及び「生年月日」を記載(入力)してください。
 寄附払込の確認後、寄附金受領証明書と併せてご案内と「申請書」をお送りしますので、必要事項を記入し、押印の上、美幌町総務部まちづくりグループ政策担当までご返送ください。
 なお、平成28年1月1日以後の寄附から、ワンストップ特例の申請にマイナンバーの記載が必要になりましたので、申請する際には、必ずマイナンバーを記載してください。

 また、添付書類として、個人番号の確認ができるもの及び身元確認ができるもの送付していただく必要があります。
 
※寄附を行った翌年の1月10日までに「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」を提出してください。

 

※下記からもダウンロードできます。

 

・ふるさと納税ワンストップ特例制度申請書


・ふるさと納税ワンストップ特例制度申請書記載例及び添付書類


 

 

ワンストップ特例制度の流れ(イメージ図)

 

 

   寄附者

 

寄附者

矢印2 

  ①寄附、特例申請希望

 

 

yazirusi.gif 

②寄附金受領証明書、

 特例申請書の送付

 

  

      矢印2     

③特例申請書の提出

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 yazirusi.gif 

⑤住民税の税額控除

 

 

 

 

  

 

 

 yakuba.gif

美幌町

 

 

             ④連絡

  (控除に必要な情報)

 

        矢印3 

建物 

住所地の市区町村(都道府県)

  

 

お問い合わせ

まちづくりグループ
政策担当
電話:0152-73-1111
ファクシミリ:0152-72-4869
ホーム くらす 行政 学ぶ・楽しむ 観光・魅力