医療費を全額自己負担したとき(国保)

2018年4月1日

 次の場合は、いったん医療費を全額支払って、後日国保の担当窓口への申請により払い戻しが受けられます。

 

申請にあたっては、マイナンバー制度開始により、世帯主及び申請の対象となる方の個人番号カードまたは通知カードの提出が必要となります。(通知カードご持参の場合は本人確認できる書類も必要です。)

該当する手続きに必要なものとあわせてお持ちください。

 

※本人確認できる書類について

氏名のほかに生年月日または住所が記載されているもので、運転免許証など顔写真付きのものは1つ、保険証や年金手帳など顔写真のないものは2つ必要です。

 

払い戻しが受けられる内容共通して必要なもの それぞれの申請に必要なもの
出先で急なけがや病気などで、保険証を持たずに医療を受けた場合

・保険証

・世帯主の印鑑

・振込先の口座番号等がわかるもの

・世帯主及び対象者の個人番号カードまたは通知カード

※通知カードご持参の場合は、本人確認できる書類も必要です

(ページ上部の「本人確認できる書類について」をご確認ください)

医療内容明細書、領収書
骨折、ねんざなどのときの柔道整復師の施術料 明細のわかる領収証
医師が認めたあんま、はり、灸、マッサージ代 医師の同意書、明細のわかる領収書
療養の給付が受けられない輸血の生血代など 医師の診断書、生血液受領証明証

ギブス、コルセットなどの治療装具代

(医師が必要と認めた場合)

医師の診断書、領収書 ※1

海外で医療を受けた場合 

医療内容の明細書など(外国語の場合は翻訳文)、明細のわかる領収書

 

 ※1 靴型装具で申請される方は、当該装具の写真の添付が必要となります。

 

お問い合わせ

環境生活グループ
医療給付担当 内線281・282
電話:0152-73-1111
ホーム くらす 行政 学ぶ・楽しむ 観光・魅力