外国人の方へ

2012年5月18日

平成21年(2009年)7月15日に外国人住民の皆さまの利便性向上のため、「住民基本台帳法の一部を改正する法律」が公布され、平成24年(2012年)7月9日(月)に施行されています。

 

変わった点

外国人の皆さまも住民基本台帳法の適用となり、住民票が作成されるようになりました。

日本人と同じように、外国人住民の皆さまについても住民票が作成されることになります。また、日本人と外国人で構成されている世帯の場合、世帯全員の住民票の場合には、外国人の方も含んだ住民票となります。(外国人の方が世帯主となることも可能です。)

 

 

住所変更等に伴う手続きが日本人と同じになります。

美幌町への転入、美幌町内での転居、美幌町からの転出を行う場合、それぞれ日本人と同じ届出を役場に提出していただくこととなります。

(※転入の場合は、前住所地の転出証明書、転出の場合は美幌町の転出証明書の取得が必要となります。また、在留カードの提示も必要です。)

 

 

各種届出の負担が軽減されます。

・今まで入国管理局で手続きを行った後、美幌町に届けていた「在留資格の変更」「在留期間の更新」等については、届け出る必要はありません。

 

 

「特別永住者証明書」又は「在留カード」への切り替え。

◎特別永住者の方・・・現在お持ちの外国人登録証明書の有効期限まで有効です。切替時に「特別永住者証明書」に切り替わります。

◎永住者の方・・・改正後3年以内に入国管理局で手続きを行い、「在留カード」に切り替わります。

◎上記以外の方・・・改正後の在留期間の更新時、または在留資格の変更時に、入国管理局において「在留カード」に切り替わります。

 

 

 

申請場所

 特別永住者の方  美幌町役場民生部環境生活グループ戸籍年金担当

 それ以外の方   入国管理局 

「在留カード」について

◎「在留カード」は入国管理局で発行されます。

◎氏名は原則としてパスポートと同じアルファベットで表記されます。中国、韓国の方はアルファベット氏名に漢字氏名を併記することができます。その場合の漢字は日本で使用されている漢字(正字)に変換されます。

◎これまでの外国人登録証明書に比べ、在留カードに記載される内容(通称名、世帯主、出生地、旅券番号、職業等)は省略されたものとなります。

 

 

住民票を作成する外国人住民の対象者

観光などの短期滞在者を除いた、適法に3ヶ月を超え在留する外国人住民の皆さまで、日本国内に住所を有する方

1.中長期在留者

2.特別永住者

3.一時庇護許可者又は仮滞在許可者

4.出生による経過滞在者または国籍喪失による経過滞在者

   

※簡体字等(日本の正字でない文字)は、対応する日本の正字になります。

 

 

制度に関する質問・お問い合わせ

在留管理制度

 法務省外国人在留総合インフォメーションセンター(受付時間 平日 8:30~17:15)

  ℡ 0570-013-904(IP電話・PHS・海外からは 03-5796-7112)

 

住民基本台帳制度

 総務省外国人住民基本台帳電話相談窓口(受付時間 平日 8:30~17:30)

  ℡ 0570-066ー630(IP電話・PHSからは 03-6301-1337)

 

 

詳しい内容につきましては総務省外国人住民基本台帳室のホームページ

に日本語及び6言語に翻訳したポスター・リーフレットが掲載されておりますので、そちらをご覧ください。

 

また、法務省ホームページにおいても「新たな在留管理制度がスタート!」

に日本語で説明がありますので、合わせてご覧ください。

 

 

ホーム くらす 行政 学ぶ・楽しむ 観光・魅力