まちの話題

2015年11月10日

美幌町の話題や出来事を写真を交えてご紹介します!

 

     

     ※「広報びほろ」、「町ホームページ」の「まちの話題」に掲載させていただいた写真は、

      希望者(本人または家族)にお配りしています。希望される方は、広報担当までご連絡ください。 

 

 

 

  

  2015  

 

11月10日

 

         

 美幌北中生の職場訪問 

 

 

 

  職場体験で美幌町役場を選んだ美幌北中生が来ました。

 人口を数える仕事の体験している川部史也君と堀内陽介君に、役場を選んだ理由を聞きました。川部君は「美幌町に貢献できるから。」堀内君は「町の活性化に努めたいから。」と言っていました。

 環境生活主幹の佐々木さんから見た二人をどう思ったか聞くと「一生懸命計算していて、あいさつできていて礼儀正しい」と言っていました。
 二人の仕事の感想は、川部君は「大変だけど楽しい」 堀内君は「めっちゃ楽しい」と言っていました。

 

 

※この記事と写真は、美幌北中から職場体験に来た佐藤君と日渡君が取材・撮影して作成したものです。

  

職場体験の様子

 佐々木主幹

 環境生活主幹の佐々木さん

 

 

 

 11月7日

         

 

  子どもスポーツフェスティバル

 

 

  子どものスポーツの祭典「子どもスポーツフェスティバル」。今年の参加者は、昨年よりも多い394名。「U-7(例えば、3年生1人と2年生2人の組み合わせ)」、「U-13」、「U-18」など、学年を合計した数で区分し、シングルの部9名、ペアの部57組、チームの部74組に分かれて合計点を競います。

 全員が参加するファーストステージ。キッキングボード、ミニバイアスロン、ラダーゲッター、スカイツミー、ストラックアウトの5種目が行われ、シングル、ペアの部上位入賞者が決まりました。チームの部は、さらに上のステージがあり、区分ごとに上位8チームがファイナルステージへ進出。進出チームが発表されると、子ども達は喜びを爆発させていました。

 ファイナルステージの種目は、「U-7」が腰に付けたタグを奪い合う「タグバトル」。「U-13」は、中央に設置されたロープを奪い合う「ロープバトルファイブ」。「U-18」は3つの高さの違うカゴを使った「段違い玉入れ」。ファイナルステージになると会場の盛り上がりは最高潮に。

 さらに、JAびほろ主催の豪華景品が当たる「バランスゲーム大会」や、このイベントの主催者スポーツクラブBeetと協賛の協同組合スマッピーカードびほろによる抽選会、うどん・チョコバナナ・たいやきわたあめなどを格安で販売するコーナーも設けられ、おまつり気分も加わり子ども達はスポーツを楽しんでいました。

 

   

 sports.jpg

 

 

 

 

 

 

 10月

         

 

  「中学校学校祭」&「小学校学芸会」

 

 

 

 

   

 学校祭・学芸会.gif

 

 

 10月17日

         

  「美幌峠の朝焼け~早起きは三文の得!?~」

 

  今年で2年目となるイベント「美幌峠の朝焼け~早起きは三文の得!?」。

昨年は、見事な雲海が見られたこのイベント。朝早くから多くの見物客が訪れ、今年も見事な雲海が発生!

 

詳しくはこちら

 

 

 朝焼け

 

 

 

 

10月12日

 

         

 赤ちゃん記念植樹 

 

 今年で10年目の節目を迎えた「赤ちゃん記念植樹」。平成18年にスタートし、これまでに179組のご家族に参加していただきました。初年度に植えた木は、すくすくと成長してすでに約6mになりました。

 今年は、平成26年8月1日から平成27年7月31日までに生まれた赤ちゃんとご家族を対象に行われ、18組の家族が参加し、アオダモやミズナラなど60本の苗木を、子どもの成長を願って植樹しました。

 

  

 

赤ちゃん記念植樹.gif

 

 

 

 

 

10月8日

 

         353人が避難「台風23号」 

 

  台風23号の接近により、大荒れとなった町内。強風と雨により町内の小中学校は臨時校となり、午前9時には、役場に災害対策本部を設置するとともに、しゃきっとプラザに避難所を開設し、自主避難者の受け入れ体制を整えました。

  徐々に美幌川の水位が上がってきたため、15時35分に日の出地区309世帯644名に避難勧告、17時に美芳地区194世帯385人に避難勧告、19時15分には、美幌川が避難判断水位に達したため、日の出地区と美芳地区の避難勧告をワンランク上の避難指示に切り替え、新興地区の一部18世帯41人にも避難勧告を発令しました。

  自力での避難が困難な方のために、自衛隊と消防のボート3隻を使い、自衛隊、消防、消防団、役場職員が救助に向かいました。しゃきっとプラザの他にも、美中、コミセン、旭小、東陽小、美高に避難所が設置され、最大353人の方が避難。

  床下浸水の被害は41棟(10月13日現在)、農業施設、道路などにも多くの被害をもたらした今回の台風。これから冬を迎えます。暴風雪にも十分な準備と、警戒をお願いします。

 

 

 低気圧.gif

 

 

 

 

10月2日・3日

 

        体育賞授賞式&スポーツ講演会・実技指導 

 

  美幌町体育協会が、美幌町のスポーツ振興への貢献や、全道・全国・世界大会で好成績を収めた選手らを表彰する「体育賞授賞式」が開催されました。今年度の対象者は39個人、7団体。受賞者一人ひとりに賞状と記念品が贈られました。

  授賞式に続き。バレーボール元日本代表の杉山祥子さんの講演会が開かれ、「逆境から学んだこと」と題し、現役時代の話しや、バレーを通じて学んだことなどを話してくれました。

  翌日は、町内の小中高校生を対象に杉山さんによる実技指導が行われました。参加した子どもたちは、杉山さんの一流の技に目を輝かせ、熱心に指導を受けていました。

 

 

 体育賞授賞式.gif

 

 

 

 

 

9月4日・5日・6日

 

         

     美幌ふるさと祭り

 

   美幌の秋の風物詩「美幌ふるさと祭り」。4日と5日はあいにくの雨模様でしたが、今年も多くの来場者でにぎわいました。金土日の開催とあって、今年の出店者は昨年よりも多い46店。97張のテントと来場者が神社通りをうめつくす「ふるさと祭り」ならではの光景が、お祭り気分を盛り上げていました。

  ふるさと祭りと同日程で開催されている美幌神社秋季例大祭では、御神輿を雨からまもるためビニールが掛けられ、雨天ならではの御神輿が披露されました。御神輿が神社に着く頃には、雨も上がり、ビニールがはずされ、本来の御神輿の姿に。神社が近づくにつれ、担ぎ手の威勢のいいかけ声も増していきました。

  今年の来場者は、約8万人。来年は、25回目となる「ふるさと祭り」。町民手作りのお祭りも四半世紀を迎えます。

 

   ふるさとまつり.gif

 

 

8月26日

 

         山田楓河くんメダルを手に表敬訪問 

 

  第31回全国小学生陸上競技交流大会で、5年男子100m優勝美を成し遂げた美幌陸上クラブ所属の山田楓河くん(東陽小5年)が、土谷町長に大会の結果を報告するため来庁してくれました。
  全国大会という大舞台でも、あまり緊張せずに走ることができたという山田くん。駆けつけた報道陣から質問と写真撮影にも笑顔で応え、目標は「2年連続全国大会優勝」、夢は「オリンピック出場」と話してくれました。

  全国大会は、8月29日(土)Eテレで15時から放送される予定です。

 

 

 DSC_8666.gif

 

 

 

 

 

 

8月22日

 

         

   快挙!陸上100m

   山田楓河くん全国優勝

 

 

 8月21日・22日に開催された第31回全国小学生陸上競技交流大会で、美幌陸上クラブ所属の山田楓河くん(東陽小5年)が、5年男子100mで優勝という快挙を成し遂げました。
 予選で自己ベストとなる12秒95を出した山田くん。続く準決勝は、12秒96と好調をキープ。全国チャンピオンを決める決勝では、大舞台での強さを見せ、12秒91とまたまた自己ベストを更新し、2位に3mの大差をつけて全国優勝という快挙! おめでとうございます!!!

 

 

 山田楓河くん.gif

 

 

 

 

 

8月23日

 

         

      ふれあい広場びほろ

 

 

 

 29回目を迎えた「ふれあい広場びほろ」。今年は、「Tシャツコレクション」が新登場。公募されたTシャツのデザイン(町内外から33名52点)がプリントされたTシャツを着て、3歳から80代の25名の町民モデルが登場。会場となった集団健診ホールは、立ち見がでるほどの盛況ぶりでした。

 

 

ふれあい広場.gif

 

 

  

8月22日

 

         

      おもしろ科学の祭典inびほろ

 

 

 

 小学生に大人気のイベント「おもしろ科学の祭典inびほろ」。今年も20を超える実験や工作のブースが設けられ、約300人が来場しました。今年は北見工業大学の学生によるサイエンスショーも行われ、液体窒素を使い人工的につくり出した積乱雲に子どもたちの目は釘付けに。

 ボランティアに支えられて開催されているこのイベント。毎年、子どもたちに科学の魅力を伝えています。

 

科学の祭典.gif

 

 

 

 

8月9日

 

         

     ビホロ100kmデュアスロン大会 PHOTO特集

 

 

 

  大会公式ホームページはこちら

 

  デュアスロン.gif

 

 

 

8月8日

 

         

     びほろ夏まつり PHOTO特集

 

 

 

   夏祭り.jpg

 

 

 

 

7月19日

 

         

             美幌観光和牛まつり

 

和牛まつり.gif

 

 

 

 

 

7月20日    

         

    水鉄砲で天下を獲れ!BANG☆BANG☆BANG     

 

 青年活動団体「B-live」が中心となり開催されているイベント「水鉄砲で天下を獲れ!BANG☆BANG☆BANG」。4回目となる今年は、小学1年生~6年生まで約70名が参加しました。水鉄砲でぬれるのが気持ちがいいほど天候に恵まれ、会場となった青山南公園を水鉄砲を片手に、子どもたちが走りまわります。この日だけは、大人を相手にどれだけ水をかけてもOK!。4年連続参加の子もおり、美幌の夏のイベントとして定着してきました。

 

 水鉄砲で天下をとれ.gif

 

 

 

 

 

7月18日    

         

      3年ぶりの市中パレードに2千人

     

 陸上自衛隊美幌駐屯地創立64周年記念の市中パレードが行われました。市中パレードは3年ぶりで、美幌駐屯部隊の隊員310名と車両96台が参加し、会場となった桜通りには、約2千人の観客が訪れました。
 消防署前では、美高吹奏楽部のミニコンサートが行われた他、スーダン派遣施設隊の活動の様子を写した写真の展示、子どもたちのために無料のわたあめやヨーヨーつりのコーナーが設けられ賑わっていました。

 

 

 自衛隊市中パレード.gif

 

 

 

 

 

6月14日

 

         

      小学校運動会 Photo Collection 

 

undoukai.gif

 

 

 

 

 

 

5月30日

  

         

      美中・北中運動会 Photo Collection 

 

中学校運動会.gif 

 

 

 

5月24日    

         

      美幌峠まつり

     

 久しぶりに晴天の中開催された美幌峠まつり。本格的な観光シーズンを前に、美幌峠を訪れる観光客の交通安全と、美幌峠観光のますますの発展を祈願するために毎年開催されています。交通安全祈願祭に続き、テープカットが催された後、アイヌ民族伝統の儀式「カムイノミ」と民族舞踊が披露されました。

 

 峠まつり.gif

 

 

 

 

 

5月10日

    

         

      美幌町野球連盟「開幕式」

     

 今年も野球シーズンの到来を告げる「開幕式」が開催されました。チーム名が書かれたプラカードに続いてそろいのユニホームを着た選手たちがグラウンドに入場した後、美高Sクラブの鈴木主将が、選手を代表して選手宣誓。待ちに待った野球シーズンが始まりました。
 今年度は、少年野球2チームを含め、18チームが美幌町野球連盟に登録しています。

 

 

 開幕式.gif

 

 

 

 

 

 

5月9日

    

         

      美高ショップ「白樺坂」オープン

     

 今年度も美高ショップ「白樺坂」がオープンしました。小雨が降るあいにくの天候でしたが、野菜の苗を販売するビニールハウスの周りには、今年も長蛇の列ができる人気ぶりでした。野菜や加工品を販売するショップも人気で、来場者は数量限定のお目当ての商品を手に入れようと、開店前から並んでいました。
 今年度の美高ショップは、あと9回開催されます。日程は、広報びほろ5月号をご覧いただくか、美幌高校(TEL73-4136)にお問い合わせください。

 

 

 美高ショップ.gif

 

 

 

 

 

 

5月1日    

         

    今が見頃です。

     

 例年になく早咲きの桜。今日がまさに満開といったところでしょうか。

 みどりの村では、「桜ライトアップ」を実施中です。夜桜見物に出かけてみてはいかがですか?日当たりの良い場所にある桜は満開ですが、まだ五分咲き程度の桜もあります。あと数日は楽しめそうですよ。

 

 

 さくら0501.gif

 

 

 

 

 

4月29日    

         

      消防チビッ子大会

     

 好天に恵まれ、多くの子どもたちで賑わった「消防チビッ子大会」。今回で37回目を迎え、消化器や本格的なホースを使っての放水体験、煙体験ハウス、消防の制服を着用しての記念撮影など消防ならではのイベントの他にも、スマートボールやフワフワぞうさん、もちつきなど子どもたちが大好きなイベントが盛りだくさんです。今年は、初お目見えとなった高所作業車が大人気!イベントの最後には、高所作業車のバケットが空に向かって伸びる姿も披露され、会場を盛り上げました。

 

 syoubou.gif

 

 

 

 

 

4月27日   

         

      選挙速報の次は「桜」速報

     

 春です。桜の季節です。25度を超える陽気に桜も咲きはじめました。ゴールデンウイーク中には見頃を迎えそうですね。

 

 

 

4月30日9:00撮影  役場庁舎南側の桜は見頃です!

 DSC_2660.gif

 

 

 

4月28日12:00撮影

 DSC_2494.gif

 

 

4月27日13:00撮影

 sakura.gif

 

 

 

4月27日9:40撮影

 さくら

 

 

 

 

 

4月26日・27日    

         

      美幌町長・町議会議員選挙

     

 5日間に渡る選挙戦を終え、今後4年間の町政の舵取りを担う美幌町長選挙と町民の皆さんの代表を選ぶ美幌町議会議員選挙が行われました。投票率は、町長選挙が73.99%、町議選挙が73.98%と4年前の町議選72.20%を若干上回る結果となりましたが、前々回の町長町議選挙の81.70%に比べると、7%弱低い結果となりました。

 27日には当選証書授与式が行われ、松本選挙管理委員会委員長から、3期目の当選を果たした土谷耕治町長と新人3名現職11名の議員に「当選証書」が渡されました。

 

選挙の結果はこちら

 

 町長町議選挙.gif

 

 

 

 

 

 

 

 

4月6日    

         

      小学校入学式

     

 今年の小学1年生は、美幌小学校72名、旭小学校38名、東陽小学校55名の165名。各小学校で一斉に入学式が催されました。まだ少し大きめのランドセルを背負いお父さんやお母さんとはじめて登校するこどもたちの表情は様々。笑顔で駆けてくる子もいれば、緊張した表情でお母さんの手をしっかり握っている子もいます。

 式典では、緊張からかちょっと落ち着かない様子の子どもたちでしたが、校長先生の話がはじまると、真剣なまなざしで話しをじっと聴いていました。式典が終わり、教室に戻ると担任の先生が一人ひとりの名前を呼ぶと、元気よく「はい」と返事が聞こえてきました。

 入学おめでとうございます。

 

 

 入学式.gif

 

 

 

 

 

3月13日・19日    

         

      小中学校卒業式

     

 在校生や先生、家族が見守る中、新たな門出となる卒業が町内の小中学校で行われました。

 北中の卒業式では、式典終了後の様子も取材させていただきました。式典が終わり、教室に戻った生徒たち。担任の先生が教え子を前に最後の授業です。3年C組では、担任の西先生が「自分が源泉」と題したメッセージを黒板に書き、卒業する教え子に想いを贈ります。その想いに生徒はもちろん教室で子どもたちを見守る家族の目にも涙が・・・。先生のメッセージが終わると、生徒たちが先生を目隠しして、なにやら準備を始めます。机を移動し、生徒たちが丸く並んだ中央に先生を誘導。先生が目を開けると、周りを囲む生徒たちから感謝の気持ちを込めた唄が贈られ、続いて花束贈呈。これには、それまで涙を見せていなかった先生も涙をこらえることができない様子でした。クラス全員で協力して先生へ贈る「サプライズ」。そんな優しい気持ちが育っている美幌の子どもたちの姿は感動的でした。

 

 卒業式.gif

 

 

 

2月9日    

         

      美中・北中「卒業バイキング」

  

 美幌中学校と北中学校で卒業を間近に控えた3年生を対象に毎年催されている「卒業バイキング」。

小学校から9年間食べてきた給食も残りわずかとなったこの日の給食は、いつもとはちょっと違う「バイキング」でした。テーブルにずらりと並んだ料理を前に、生徒たちはどんなメニューがあるのか興味津々の様子。友達と楽しそうに話しながらバイキングに列をつくっていました。

 

 

 北中給食バイキング.gif

 

 

 

 

 

3月8日    

         

      町民スキー大会

     

 3月8日にリリー山スキー場で開催された町民スキー大会。6歳から53歳までの53人が大回転でタイムを競いました。大会終了後には、もちまきやパン食い競争、宝探しが催され、子どもたちは、冬の一日を満喫。
 今シーズンの最終営業日となったこの日は、でリフトが無料開放されていたこともあり、大会参加者の他にも多くのスキーヤーが訪れました。
 相次ぐ暴風雪の影響で、営業時間を短縮した日もあったリリー山スキー場ですが、今シーズンのリフト輸送人員は、19万7千人と例年並みとなりました。

 

  

 

 町民スキー大会.gif

 

 

 

 

 

2月12日・14日    

         

      美小金管バンド 4年ぶりの北見地区代表&道コンクルール金賞

     

 第46回北海道アンサンブルコンクールの予選となる北見地区大会が1月18日に開催され、美小金管バンドが出場。結果報告のため来庁してくれました。
 北見地区での代表権獲得は、全道で金賞をとるよりも難しいと言われているほど道内でもレベルの高い北見地区。昨年も金賞を受賞したものの代表権は獲得できず悔しい思いをしました。今回は、顧問の岡島先生が作曲したオリジナル曲で勝負!見事4年ぶりに代表権を獲得しました。
 2月14日から北広島市で開催された全道コンクールでも10年ぶりとなる「金賞」を受賞しました!おめでとうございます!

 

 

 

 

 DSC_9406.gif

 

 

 

 

 

2月8日    

         

      かんじきウォークinみどりの村

     

 「かんじき」を履いてみどりの村を散策する「かんじきウォークinみどりの村」。この日の参加者は28名。最年少の4歳から70代まで幅広い年齢層の参加者が新雪の感触を確かめながら散策を楽しみました。夏には草木に覆われなかなか通ることができない場所でも「かんじき」を履いていればへっちゃら!みどりの村の職員の先導で、一列になり冬景色を楽しみながら歩きます。

 コースの途中では、職員お手製の滑り台が用意され、休憩中も子どもたちは休むことがありません。さらに雪の中に隠されたお菓子を探す「宝探し」もあり、子どもたちは大満足。その間、大人の希望者は、ちょっときついコースに挑戦。かんじきウォークを楽しんだ後は、グリーンビレッジに戻って「豚汁」で冷えた体を温めました。

 

 

 kanjiki.gif

 

 

 

 

 

2月8日    

         

      美幌町民スケート大会

     

 今年で46回目となった美幌町民スケート大会。過去の大会記録を見ると、昭和62年から破られていない記録や、昨年ソチ五輪に出場した藤村祥子選手の大会記録も5種目で残っています。

 当日は、風が強くあいにくのコンディションでしたが、幼児から中学生までの63名が美幌ローターリークラブ提供のメダル獲得を目指し、自己ベストに挑戦!観客からは「もう少しだがんばれ!」など熱い声援が送られ、子どもたちの背中を後押ししました。

 

  大会結果の詳細はこちら→美幌スケート協会HP

 

 

 suke-to.gif

 

 

 

 

 

 

1月31日    

         

      急遽決定!冬まつり前日にジャンボ滑り台を開放

     

 2月1日に開催を予定していた「びほろ冬まつり」ですが、当日は暴風雪となる見込みが強くなったため、前日の1月31日にジャンボ滑り台を開放しました。

 滑り台は、5以上の高さがあるため、安全を考慮して、冬まつり終了後にすぐに壊されます。冬まつりが中止になってしまうと、毎年、子どもたちに大人気のジャンボ滑り台で遊ぶことができなくなってしまいます。美幌駐屯地の皆さんが1週間かけて作成した滑り台を、なんとか子どもたちに楽しんでほしいと、急遽、前日に開放することになりました。前日開放を決めたのは、30日。お知らせする期間がほとんどなかったため、子どもたちが来てくれるか心配でしたが、保育園や家族連れなど500人が来場。年に一度の氷の滑り台の感触を楽しんでくれたようです。また、町内の団体や実行委員会が制作したミニ雪像も公開され、会場の雰囲気を盛り上げました。

 冬まつり当日は、あいにくの雪模様。子どもたちが楽しみにしている「冬まつり」、この日のために雪上綱引きの練習をしていたチームもあり、実行委員会では、ぎりぎりまでなんとか開催できないか悩みましたが、時間が経つにつれ風雪が強まってきたため、やむなく中止となりました。

 

 

 冬まつり.gif

 

 

 

 

 

1月30日    

         

      全道ジュニアクロスカントリースキー和寒大会 優勝5名・入賞24名

     

 1月24日に開催された「第36回全道ジュニアクロスカントリースキー和寒大会」。美幌クロスカントリースキー少年団からは、28名が参加し、大会の成績報告のために来庁してくれました。

 好天に恵まれ、全道各地から230名が参加した和寒大会。学年・男女別に部門が設けられ練習の成果を競います。少年団の子どもたちは、この大会を目標に夏からトレーニングを積んできました。今年は降雪が遅く、他の地域よりも雪上でのトレーニングが遅れ、その影響が心配されましたが、12月18日から雪上でのトレーニングを短期集中で実施。その成果もあって、小学2年生(男子組)吉田頼生くん、小学2年生(女子組)宮崎真衣さん、小学4年生(男子組)吉田怜央くん、小学5年生(男子組)久保颯太くん、小学6年(女子組)坂田璃音さんが優勝!さらに19名が入賞!みんながんばりました。

 

 詳しい大会成績はこちら→和寒大会成績.pdf(60.6KBytes)

 

 

 DSC_8695.gif

 

 

 

 

 

 

 

 

1月11日    

         

      「2015成人の集い」

     

 晴れ着姿の148人の新成人が参加した「美幌町成人の集い」。今年の対象者は199人と前年とほぼ同じでした。久しぶりの同級生との再会。いつもとはちょっと違う装いで、スマホで記念写真を撮る新成人たちは、みんな笑顔 笑顔 笑顔。

 式典では、成人の集い実行委員会のメンバーが、この日のために作詞した曲を、小・中学校の頃の懐かしい写真のスライドショーをバックにラップのリズムに合わせて披露されました。続いて舞台から降りた実行委員会のメンバーが新成人にインタビュー。式典終了後もロビーで盛り上がる新成人たちでした。新成人の皆様おめでとうございます。

 

 

 成人式.gif

 

 

 

 

DSC_8028.gif

 

1月6日     

  

         

      快走 高橋優太選手 「ニューイヤー駅伝2015」

     

 元旦に開催された第59回全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)。全国の実業団37チームが参加したこの大会に、美幌町出身の高橋優太選手(DeNA陸上部)が出場し、結果報告に来庁してくれました。

 11月3日に開催されたニューイヤー駅伝の予選となる第55回東日本実業団対抗駅伝競走大会を8位という結果だったDeNA。高橋選手は3区を走り区間2位という成績でした。

 新年を迎え、午前9時45分に群馬県庁をスタートした今年のニューイヤー駅伝。7区間、計100キロのコースで37チームがたすきを繋ぎます。昨年は、17位という結果だったDeNA。高橋選手は、3区を走り37人中7位というねばりの快走を見せてくれました。DeNAは、昨年から大幅に順位を上げ、見事6位入賞!おめでとうございます!

 高橋選手は、「昨年は、座骨神経痛に悩まされましたが、秋には調子が上がってきました。監督からの指示どおり、前半はペースを抑え、後半にのびる走りができたと思います。」と振り返ります。今年の抱負については、「今年はマラソンに挑戦できる体を作りたいと思っています。マラソンは、練習が過酷で、月に1000キロ走る練習に耐えられる体がなければ、スタートラインに立つことすらできません。今年は、体作りに取り組み、将来的にはマラソンに挑戦してみたいです。」と語ってくれました。

 

 

 

 

 

1月1日  明けましておめでとうございます   

  

         

      「美幌峠初日の出フェスティバル」

     

 新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。

 恒例となった美幌峠初日の出フェスティバル。日の出の30分前おじゃますると、すでに多くのお客様が美幌峠から望む初日の出を見ようと美幌峠レストハウスの展望休憩室に集まっていました。天候は曇り・・・。雪がちらつく中、何とか雲の隙間から初日の出を見ることができないかとカメラを構えましたが、残念ながら顔を出してはくれませんでした。

それでも来場者のもう一つのお楽しみ「ビンゴ大会」(主催(株)美幌峠物産館)では、タラバガニや温泉宿泊券が当たるとあって、会場となった展望休憩室には多くの来場者が訪れ、今年の初の「運試し」!

 美幌峠を下りる頃には、太陽も顔をだし、ちょっと遅い「初日の出」を見ることができました。

 

 

 hatuhinode.gif

 

 

 

  

 

 

 

まちの話題【2014 7月~12月】

まちの話題【2014 1月~6月】

まちの話題【2013 7月~12月】  

まちの話題【2013 1月~6月】  

まちの話題【2012】

 

お問い合わせ

総務グループ
広報担当
電話:0152-73-1111
ホーム くらす 行政 学ぶ・楽しむ 観光・魅力