まちの話題【2012】

2013年1月7日

美幌町の話題や出来事を写真を交えてご紹介します!

 

     ※「広報びほろ」、「町ホームページのまちの話題」に掲載させていただいた写真は、

      希望者(本人または家族)にお配りしています。希望される方は、広報担当までご連絡ください。 

 

 

 

  2012  

 

 

12月26日 

 

●  石田選手過去最高5位入賞 

       

 

 本町出身の石田正子選手(クロスカントリー)が、12月16日にカナダで開催されたクロスカントリーのワールドカップ第4戦スキーアスロンで、同種目過去最高となる5位(これまでは、10位が最高)に入賞しました。

 スキーアスロンは、前半7.5kmをクラシカル、後半7.5kmをフリーで走る種目で、これまで苦手としていたフリーで快走できたことが、今回の入賞につながりました。石田選手は、「調子は、まずまず。これから調整して仕上げていきたい。これまでタイミングが合っていない部分があったが、今年は、それが改善され、楽にすべることができている。このままの成績でいけば、ソチオリンピックには、出場できそうだが、オリンピックでどれだけの成績を残すことができるかが課題」とこれからの意気込みを話してくれました。

 また、12月26日・27日に開催された全日本クロスカントリー音威子府大会では、クラシカル、フリー走法ともに優勝!フリーでは、本町出身で石田選手の高校の後輩でもある大林千沙選手が3位に入りました。

 石田選手は、2月下旬にイタリアで開催される世界選手権に出場。世界選手権の模様は、地上波で放送される予定です。ぜひ、ご覧ください!

  DSC_8212.gif   

 

 

 

12月26日 

 

●  久保選手好スタート 

       

 

  IPCノルディックスキーワールドカップ第1戦で好成績をおさめた久保恒造選手(バイアスロン座位:日立ソリューションズ所属)が来庁。

 12月11日から18日にかけてフィンランドで開催された今シーズンの初戦。久保選手は、4日目のショートで3位、5日目のパシュートで優勝!、最終日のロングで2位とソチパラリンピックへつながる今シーズンを最高のかたちでスタートしました。

 久保選手は、「9月からこの大会にコンディションを合わせて練習してきた。夏の車いすマラソンや射撃タイムを1回につき10秒縮められたことが、結果につながったのだと思う。ソチに向けて気を緩めずにやっていきたい。」と語ってくれました。

 2014年に開催されるソチパラリンピックの代表に選ばれるためには、ワールドカップで3位以内に入ることが条件。その条件を早々とクリアーした久保選手。ソチを目指して頑張ってください!ワールドカップは、この後、アメリカ、スウェーデン、ロシア(ソチ)で開催されます。

   DSC_8186.gif  

 

 

 

12月22日 

●  リリー山スキー場OPEN 

       

 

  リリー山スキー場が今シーズンの営業を開始。早速、初滑りを楽しみにしていたスキヤーが訪れ、雪の感触を楽しんでいました。例年にない積雪でコンディションは、最高というリリー山。営業時間は、午前9時から午後9時(年末年始など変更有)まで、クローズまで休まず営業しています。

 

 

リリー山スキー場の情報は、こちら

 DSC_8159.gif    DSC_8148.gif

 

 

 

 

12月18日 

●  うたのクリスマスプレゼント 

       

 

  明和大学のコーラスクラブと卒業生のうたごえサークルの22名が、美幌保育園を訪れ、園児たちに歌をプレゼント。1月から12月まで、月ごとに四季折々の季節の歌を披露し、園児たちと一緒に歌う場面もありました。園児からは、お礼に、先月のお遊戯会で発表したお遊戯をプレゼント。最後は、サンタクロースから園児へプレゼントが贈られ、ちょっと早めのクリスマスを楽しんでいました。

DSC_8101.gif     DSC_8122.gif

 

 

 

12月17日 

●  美幌町男女共同参画講演会 

       

 

  毎年、美幌町男女共同参画プラン推進協議会の主催で開催されている講演会。今年は、北見市にある(株)ワイズスタッフ代表取締役 田澤由利氏を講師に招き、「女性が働きやすい社会のためにできること」をテーマに開催されました。田澤氏は、シャープ(株)に入社し、パソコンの商品企画を担当、結婚や出産により退社後、夫の転勤先の北見市で(株)ワイズスタッフを設立しました。講演は、「あなたの目の前に現れたらどうしますか」という問いかけから始まり、これまでの経験を基にした分かりやすく、ユーモアのあるお話に、来場者は、笑顔でうなずきながら話しを聴いていました。

 DSC_8073.gif   DSC_8081.gif 

 

 

 

 

12月15日 

●  ウインタースポーツシーズンがやってきました 

       

 

  例年よりもちょっと早めのウインタースポーツのシーズンがやってきました。

他のスポーツに先駆け、陸上競技場では、クロスカントリー少年団の子ども達が、雪の上での練習をスタート。週末には、町外からも練習に訪れ、雪の感触を楽しんでいました。

DSC_7914.gif    IMG_1958[1].gif 

 

 

 

 

12月14日 

●  歳末特別警戒出動式 

       

 

  毎年恒例の歳末特別警戒。この日は、出動式が行われ、パトカー、青色回転灯車が一斉に町民会館を出発し、町内をパトロール。また、同時に「街頭啓発」、「飲食店における歳末特別警戒」も行われ、防犯、交通安全、暴力追放を呼びかけました。 

  DSC04087.gif   

 

 

 

 

 

12月10日 

●  「増井選手&榊原選手」 美幌町応援大使へ 

       

 

  「10thSEASONプロジェクト北海道全力応援宣言 北海道179市町村企画」。北海道ニッポンハムファイターズの選手が応援大使となり、来年から10年をかけて道内の全市町村を、応援するこの企画。1年目となる2013年に美幌町が選ばれ、2012最優秀中継ぎ投手の「増井選手」と、2010新人王の「榊原投手」が「美幌町応援大使」に就任することになりました。

 この日は、球団のシニアディレクター三谷仁志さんが来町し、両選手の等身大パネル、サイン入りユニフォーム、ポスターなどをいただきました。パネルとユニフォームは、役場正面玄関に設置しています。

 

   DSC_7873.gif  

 

 

 

12月9日 

●  ぽっぽ屋クリスマスセール 

       

 

  物産館ぽっぽ屋で行われた年末クリスマスセール。この日は、新商品のピポロのお酢(4種類)、なんばんの佃煮も販売。大雪に見舞われ、例年よりは、来客が少なかったものの、買い物客は、試食を楽しみながら好みの美幌の味を探していました。

 DSC_7863.gif   DSC_7867.gif 

 

 

 

 

12月7日 

●  生け花でクリスマス 

       

 

  華道家元池坊 関社中(代表 関美惠子氏)の皆さまが、毎週、役場1階の待合室としゃきっとプラザの1階に生け花を飾ってくれています。飾り気のない待合室を華やかにしてくれる生け花。来庁者や職員を楽しませてくれています。

 今回は、胡蝶蘭、ユーカリ、かすみ草などに赤いカラーボールを加えた掛け花。赤と白のコントラストが、クリスマスを連想させる作品です。毎回、趣向をこらした素晴らしい作品を飾っていただいています。役場にお立ち寄りの際は、ぜひ、ご覧ください。

 DSC_7827.gif    DSC_7835.gif

 

 

 

 

12月6日 

●  内閣府「チャイルド・ユースサポート章」受賞!  

       

 

  町内の52団体で構成する美幌町青少年育成協議会(会長 三山秀市氏)が、平成24年度内閣府「子ども若者育成・子育て支援活動事例紹介事業」(チャイルド・ユースサポート章)を受章しました。全国で、7団体14個人が選ばれ、道内での受賞は、美幌町青少年育成協議会のみ。

 この章は、子ども・若者を育成支援する活動及び子育てと子育てを担う家族を支援する活動を広く紹介するために設けられたものです。美幌町青少年育成協議会は、「子ども見守り隊」の活動や、ふるさと祭りの「子ども横丁」、「明るい家庭づくり絵画コンクール」、「少年の主張」への取組が認められ、この度の受章となりました。

 三山会長は、「今回は、美幌町青少年育成協議会の名でいただいたが、構成団体やボランティアの皆さんがコツコツとやってきた活動が評価されたもの。私たちの活動は、表彰されることがゴールではない。来年、協議会が結成され30周年を迎えるにあたり、今後の活動へのステップアップとしたい。」と受章の喜びを語ってくれました。

 美幌町青少年育成協議会の皆さまおめでとうございます。

  DSC_7811.gif   

 

 

 

12月2日 

●  美幌町女性のつどい  

       

 

  今年で、40回目の節目を迎えた「美幌町女性のつどい」。日頃の活動成果を発表するとともに、親睦を深めることにより連携協力し、女性としての感性を磨くことを目的として毎年開催されています。今年のテーマは、「あなたが主役のふるさと美幌、未来へつなぐ架け橋に!」。  

 午前中は、「幸せの種をまこう」をテーマに、公益財団法人修養団理事 根岸秋吉氏による講演と、講談師 宝井琴柑(たからい きんかん)氏による講談「女流講談の世界~講談を聞いてみよう、一緒に声を出してみよう」のほか、自治会女性部会発足40周年を記念して、役員を5年以上(平成15年~現在)務めた方9名に、感謝状が贈られました。

 午後からは、芸能交流。歌謡に舞踊、フラダンスに、子どもたちのダンスなど。参加者は、約250名の観客を前に、日頃の練習の成果を発表しました。

※写真は、消費者協会による「うさぎとかめの替え歌」

  DSC_0661.gif   

 

 

 

 

11月25日 

●  ロンドン五輪”銀”三宅親子講演会  

       

 

  ロンドン五輪ウエイトリフティング女子48㎏級の銀メダリスト三宅宏実選手と、父三宅義行さん(メキシコ五輪重量挙げ銅メダリスト)の講演会が開催されました。

 コ-ディネタ-は、義行さんと親交の深いJOCハンドボール専任コーチの田中茂さん。親子で歩んだメダル獲得への道のりなど、3人の楽しいトークで会場を盛り上げていただきました。4年後のリオデジャネイロ五輪で金メダルを目指して頑張ると、これからの意気込みを語ってくれた宏美さんに、会場から大きな拍手。4年後が楽しみです。 

DSC_0634.gif    DSC_0636.gif 

 

 

 

 

 

11月20日 

●  冬モードに切替を  

       

 

  寒くなってきました。タイヤ交換は、お済みですか?朝、晩は、路面が凍って大変滑りやすくなっています。陽の当たる場所は、道路がでていても、日陰に行くとツルツル路面!「ひやっ」としたことはないでしょうか?本格的な冬道運転に備えて気持ちも冬モードに切り替えましょう!

   20121116_064432.gif  

 

11月16日 

●  シルバー交通安全大会  

       

 

  約240人が参加した「シルバー交通安全大会」が高齢者ボランティア交通安全指導員研修会と併せて開催されました。美幌警察署地域・交通課長の吉田氏の講話のあと、参加者を代表して美幌老人クラブ連合会の福沢豊太郎さんが交通安全マナーアップ宣言。

 DSCF1204.gif    DSC_7463.gif

 

 

 

11月15日 

●  買い物弱者をサポート  

       

 

  高齢者などの買い物弱者に商品を宅配するサービスがスタートしました。この事業は、道の補助金を活用して、商工会議所が主体となり実施される事業。宅配サービスを受けるためには、会員登録が必要で、会員からの注文を受け、スマッピーカード加盟店や連合商店会の加盟店の商品をご自宅まで運んでくれます。配達料は、市街地100円、郊外200円。宅配以外のサービスは、市街地200円、郊外400円。会員登録は、随時受付(専用電話73-1227)。

詳しくは、こちらhttp://ccib.or.jp/

  DSC_7981.gif   

 

 

11月15日 

●  安心・安全な水道水に笑顔  

       

 

  蛇口をひねると、安全で安心な水が出る。あたりまえのことのように感じます。

しかし、町内にもそれがあたりまえではない地区があります。この日、給水が開始されたのは、豊幌地区。通常、上水道が普及していない地域は、井戸水を引いて生活用水を確保していますが、豊幌地区は、平成15年の検査で、飲用の井戸から基準値を超える硝酸性窒素が検出されたため井戸水を飲むことができませんでした。これまで、飲み水を確保するため、10日に1回程度、北見市の若松湧水などへ飲み水をくみに行っていたそうです。 平成17年から豊幌地区水道設置期成会を立ち上げ、中心となり活動してきた会長の稲田茂樹さんと副会長の吉田和正さんは、「多くの方にアドバイスを受け、ご協力をいただいた。蛇口をひねると水がでることに感謝しています」と笑顔で語ってくれました。今月中には、給水を希望する全世帯に給水が開始される予定です。

  DSC_7393.gif   

 

 

 

11月12日 

●  TPP阻止!をテーマに講演会  

       

 

  「TPP阻止!地域内経済循環でまちおこしを」をテーマに、美幌町議会議員有志と美幌町農業協同組合の主催で開催されました。会場は、ほぼ満員。講師は、京都大学大学院教授の岡田知弘氏。TPPという難しいテーマ-でしたが、身近な話題に置き換えた分かりやすい解説に、来場者は、話しを聴きながらうなずいていました。講演の後には、美幌町のTPPを考える連絡会議を代表して5団体から決意表明が行われました。

 DSC_7311.gif    DSC_7317.gif

 

 

11月11日 

●  濱宮郷詞講演会&フォトコン結果発表  

       

 

  美幌町自治基本条例制定1周年記念事業として開催された「濱宮郷詞講演会」と「びほろ”いいとこ・いいひと”フォトコンテスト」の結果発表。講師の入院により開催日を延期しての開催となった講演会でしたが、400名を超える方々に来場いただきました。講演会に先立ち行われたフォトコンテストの結果発表。「風景の部」と「人物の部」の最優秀賞、優秀賞、佳作がそれぞれ発表されました。

 講演会のテーマは、「困難を乗り越え強く生きる」。これまでの経験をもとに、ユーモアを交えてお話しいただきました。「ちょっとボランティアを体験していただきましょう」と、濱宮さんから選ばれた来場者が、かばんから物をとりだしたり、水を飲むお手伝いをする場面もあり、ラストは、「私は生きています・・・」から始まる感動的なメッセージ。来場者のアンケートには、多くの方から「感動した」、「子どもに聞かせたい」などの声をいただきました。

 DSC_7256.gif    DSC_7210.gif

 

 

11月10日 

●  田んぼの学校収穫祭  

       

 

  6月3日の田植えから始まった「田んぼの学校」。7月に観察会、9月に稲刈り、そして、この日は、子ども達が楽しみにしていた収穫祭!自分たちで育てたもち米を使っての「もちつき」を体験した83人の子ども達。あんこもち、雑煮、きなこもちを口いっぱいほおばって、今年の「田んぼの学校」を卒業しました。

 DSC_7111.gif    DSC_7107.gif

 

 

11月10日 

●  びほろ子どもまつり  

       

  今年で37回目となった自治会連合会青少年部会主催の「びほろ子どもまつり」。バルーンアートやフェイスペイントなど、楽しいコーナーが盛りだくさん。高校生リーダーのボランティアも参加し、会場を盛り上げていました。

 DSC_7169②.gif   DSC_7171②.gif 

 

 

 

11月10日 

●  こどもスポーツフェスティバル  

       

 

  町内の小学生を対象に開催された「こどもスポーツフェスティバル」。約250名が、チームの部、ペアの部、シングルの部に分かれ、工夫を凝らした競技に挑んでいました。ファイナルステージに進むためには、2つのステージをクリアーしなければならず、子どもたちの顔は、真剣。体いっぱいに喜びを表現する子もいれば、本当に悔しそうな表情をしている子も。体育館を元気に動き回る子ども達でした。

   DSC_7032.gif  

 

 

 

11月9日 

●  美幌藤幼稚園発表会  

       

 

  1部と2部の2回に分けて開催された発表会。園児達は、歌に遊技に劇に一生懸命でした。「日本のあそびうた」では、浴衣姿の子ども達が、童謡に合わせ「かごめかごめ」などの懐かしい遊びを披露。会場からは、かわいい子ども達に大きな拍手が送られました。

DSC_6790.gif     DSC_6842②.gif

 

 

11月4日 

●  東京都市大生が植樹  

       

 

  東京都市大学の学生3名とNPO法人コンベンション札幌ネットワークの役員7名が美幌町を訪れ、植樹を行いました。この取組は、「サミットの森 東京都市大学祭・レガシー・COオフセットプロジェクト」として行われるもので、今年で5年目。東京都市大学では、学園祭で排出されるCOの削減に取り組んでいますが、削減しきれないCOを算出し、その分のCOを美幌町に植林することで、まかなおうという全国初の学生による「COオフセット」の取組です。

 IMG_2831.gif    IMG_2848.gif

 

 

11月2日・3日・4日

 

●  びほーるで初の文化祭 

       

 

  第63回美幌町文化祭がびほーるで開催されました。展示発表は、手芸や写真、書道など307人1407点の作品を展示。芸能発表は、参加団体が増えたことから例年よりも1日多い2日間の開催となり、408人が日頃の練習の成果を発表しました。

 今回は、第36回道民芸術祭と第43回網走管内郷土芸能・北見地区芸能発表会を兼ねて開催され、端野町文化連盟、津別町文化協会、置戸町文化連盟からも参加。舞踊や合唱で会場を盛り上げました。

 

DSC_6740.gif     DSC_6723.gif

 

 

11月3日

 

●  美幌町表彰式  

       

 

  今年の受賞者は、21個人・団体(連名の受賞者含む)。ボランティア活動や古典芸能、スポーツで貢献された方、多額の寄附をされた方などに自治功労賞、善行賞、社会功労賞、文化功労賞、スポーツ功労賞が贈られました。

   DSC_6650(補正後).gif  

 

 

11月3日

 

●  音楽の贈り物 

       

 

 美幌北中学校吹奏楽部があさひデイサービスセンターを訪れミニコンサートを開催しました。昨年の国保病院でのミニコンサートに引き続き、今年で2度目。この日は、6チームに分かれ、27名の生徒が演奏しました。「上を向いて歩こう」、「ふるさと」などがおなじみの曲が演奏され、デイサービスの利用者は、配られた歌詞カードを見ながら演奏に合わせて楽しそうに歌っていました。素敵な「音楽の贈り物」でした。

DSC_6695.gif     DSC_6706.gif

 

 

10月26日

 

●  美中の森づくり 

       

 

 総合的な学習の時間に行われている「美中の森づくり」。今年で11年目となる植樹。この日は、美幌中学校の2年生106名が、「みずなら」、「あおだも」などの広葉樹300本を植樹しました。

 IMG_2786.gif    IMG_2799.gif

 

 

10月25日

 

●  紅葉シーズン 

       

 

  10月も下旬をむかえ、美幌の秋を彩る紅葉シーズンがやってきました。

週末は、お気に入りの紅葉スポットへお出かけしてみてはいかかでしょうか?

 

   DSC_6464.gif  

 

 

10月21日

 

●  キラキラと輝く笑顔 

       

 

  「感動の演技でステージをキラキラと輝かせよう!」をスローガンに開催された東陽小学校学芸会。1年生61名のかわいらしい「はじめのあいさつ」で始まり、各学年がこれまでの練習の成果を披露しました。今年で最後の学芸会となる6年生の演目は宮澤賢治の「銀河鉄道の夜」。迫真の演技に会場からは大きな拍手がおくられました。締めくくりは、6年生によるゴスペル。満面の笑顔で歌う子どもたちは、キラキラと輝いていました。 

DSC_6328トリミング.gif     DSC_6386トリミング.gif

 

 

 

 

10月16日

 

●  道新PRESENTS

       札響「金管アンサンブルコンサート」 

       

 

  北海道新聞販売所・網走地区会の地域貢献活動の一環として開催されたコンサート。応募多数のため抽選で招待された約500人の町民が札幌交響楽団が奏でる美しいハーモニーを堪能しました。軽快なトークを交えての演奏は、約1時間。トロンボーンの奏者でコンサートの進行を努めた田中徹さんは、「音がめぐりめぐって頭の後ろから聞こえてくるすばらしいホール。このホールで演奏できてうれしい」と、この夏完成した「びほーる」の感想を語ってくれました。

 

   DSC_6271.gif  

 

 

 

10月10日

 

●  ようこそ「びほろ」へ  

       

 

  美幌町の友好姉妹都市ケンブリッジ(ニュージーランド)の訪問団が来町。訪問団が美幌町を訪れるのは、6年ぶり。10日の昼に女満別空港に到着した8名の訪問団は、町内の施設見学や学校訪問、生け花体験に歓迎パーティー、近隣の観光地を視察します。宿泊は、ホストファミリー宅へのホームステイ。14日には、ホストファミリーとの自由交流の時間を過ごし、15日に帰路につきます。

  DSC_6634.gif   

 

 

10月7日

 

●  スポーツの秋を満喫  

       

 

 秋季体育祭として17種目の大会が開催されてます。体育の日を含めた3連休には、パークゴルフにテニス、ミニバレーに野球など8つの大会が行われました。 秋晴れの絶好のスポーツ日和の中、参加者は、スポーツの秋を満喫していました。

DSC_6143.gif   DSC_6167.gif

 

 

10月6日

 

●  美幌駅に登場「オホ☆キャラ隊」  

       

  美幌駅に現れた「オホ☆キャラ隊」。前日の5日には、オホーツクのご当地キャラ12体が集まり「オホ☆キャラ隊」の結団式が行われました。もちろん美幌の「ぎゅうたろう」もそのメンバー。この日は、美幌駅開駅100周年記念事業に合わせ、9体のご当地キャラが集結しました。オリジナルソングに合わせて軽快?なダンスも披露。

 「オホ☆キャラ隊」は、10月20日から開催されるオホーツク食のブランドフェアにも出演し、オホーツクをPRします。

  

   DSC_6058.gif  

 

10月6日

 

●  「野球の基本はキャッチボール」  

       

 

 前日の講演会に引き続き、元中日ドラゴンズ投手の鹿島忠さんが、町内の子ども達に実技指導 を行いました。町内2つの野球少年団から参加した約50名の野球少年。鹿島さんは、「基本はキャッチボール。キャッチボールが下手なプロ野球選手はいない。人それぞれ上手く投げられるポイントは違う。それは、自分で練習の中から見つけるしかない」と語っていました。普段とはちょっと違うプロの指導に子ども達は、真剣な表情で、練習に励んでいました。

DSC_5975.gif   DSC_5984.gif

 

10月5日

 

●  防衛講話「日本の安全保障と中国」  

       

 

 毎年、開催されている陸上自衛隊美補駐屯部隊充実整備期成会主催の防衛講話。今年は、 第25代美幌駐屯地司令で東北方面総監を務めた井上廣司さんを講師に招き開催されました。ほぼ満員となった会場。講話は、国際情勢から始まり、中国訪問で見た中国の現状と、緊迫する日中関係の話題へ。自らの体験を踏まえてお話いただきました。

   DSC_5864.gif  

 

 

10月5日

 

●  体育賞授賞式&スポーツ講演会  

       

 

  美幌町体育協会の体育賞授賞式が開かれ、全道・全国規模の大会で好成績を収めた選手や、スポーツ団体の運営や指導者として、本町のスポーツ振興に貢献された個人・団体が表彰されました。今年の受賞者は、功労賞、奨励賞、優秀賞合わせて40個人・団体。表彰式の後には、元中日ドラゴンズの鹿島忠さんによる講演会が行われました。演題は、「野球道~夢を持つことの大切さ~」。中日ドラゴンズ時代の星野監督とのエピソードなどユーモアをおりまぜながら、夢を持つこと大切さについてお話しいただきました。

DSC_5845.gif   DSC_5852.gif

 

 

 

  

10月3日

 

●  ~みんな違ってあたりまえ~旭小4年生人権教室  

 

  美幌町と津別町の人権擁護委員5名が講師となり、旭小4年生2クラスを対象に人権教室が開かれました。

  6~7人のグループに分かれて「ダイヤモンドランキング」!設定は、「海の上で気球に乗っていると、突然気球が落ち始め、海面では、人食いザメが口をあけて待っています。助かるためには、9つの権利を順番に捨てていかなければなりません。さあ、あなたならどの荷物からすてますか?」というものでした。まず、子どもたちが自分で捨てる順番を決め、その後にグループで話し合いグループの捨てる順番を決め、最後にリーダーが発表。「ゲームをしたり、テレビを見られる自由」を最後までとっておきたいというグループもあれば、「恋をする自由」をとっておくというグループも・・・。同じ順番を付けたグループはありませんでした。「みんな違ってあたりまえ」ですね。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・DSC_5800②.gif・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 DSC_5811.gif

 DSC_5742②.gif

 

 DSC_5773②.gif

 

 

9月21日

 

●  「美幌峠秋風コンサート」  

       

 

 今年で10回目となる「美幌峠秋風コンサート」。永澤貴美子さん、小祝朋子さん、永澤邦枝さんによるマリンバ演奏、松山ゆりさんのピアノ演奏、美幌女声コーラス「虹」(指揮:鈴木章夫、ピアノ鈴木ひとみ)による合唱などが披露されました。会場となった美幌峠レストハウスには、町民や観光客など約200人が訪れ、峠に鳴り響くマリンバの軽快な音色と美しいコーラスに耳をかたむけていました。

 

041.gif   DSC_5430.gif

 

 

 

 

9月21日

 

●  「交通ルールを守りましょ~」 

        こぐまくらぶ黄色い旗の波  

       

 

 大谷幼稚園と美幌保育園の園児約90人が、美幌警察署の前で行った「こぐまくらぶ」の黄色い旗の波。園児たちは、「交通ルールを守りましょう~」「シートベルトをしましょう~」などと、沿道を走る車に元気に声をかけていました。ドライバーもその姿を見て、思わずにっこり。

 

DSC_5354トリミング.gif   DSC_5317トリミング.gif

 

 

 

 

  

9月15日

 

●  長寿を祝って敬老会  

 

  毎年、長寿を祝って開催される敬老会。この日は、75歳以上の方に赤飯とタオルが配られ、対象者となる3,291人のうち2,010人が来場しました。町内の100歳以上の方は、男性1人、女性11人の計12人で、最高齢は106歳。

 式典の前には、アトラクションも行われ、男声合唱団美幌グリーによる合唱、レイ・アロハフラ美幌によるフラダンス、東陽保育園の園児による踊りと歌が披露されました。式典では、節目となる77歳(喜寿)、88歳(米寿)、99歳(白寿)と100歳以上の方の代表者へ記念品が贈られました。

 

・・・・・DSC_5176トリミング.gif・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 DSC_5130トリミング.gif

 

 DSC_5216トリミング.gif

 

 

 

  

9月13日

 

●  美幌町民交通安全大会

      & 美幌交通安全音楽の夕べ  

 

  毎年、交通事故のない安全で快適な地域社会を実現するために開催しています交通安全大会。今年は、大会終了後に、5年ぶりとなる北海道警察音楽隊による演奏会も行われました。

 音楽隊による演奏に加え、音楽隊と北中学校・美幌中学校の吹奏楽部による合同演奏が会場を盛り上げていました。

 最後は、音楽隊とカラーガード隊によるステージドリル「ミュージック・パトロール2012inびほろ」。会場は、観客の笑顔と拍手に包まれていました。  

 

・・・・・・・・・・・DSC_1693.gif・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 DSC_1601.gif

 

 DSC_1988.gif

 

 

 

 

9月8日

 

●  陸上100m全国大会準優勝「矢口航大くん」

                 美幌町スポーツ奨励賞受賞   

       

 

 「第28回全国小学生陸上競技交流大会」の陸上100mで準優勝した矢口航大くん(旭小学校5年生)の功績をたたえ美幌町スポーツ奨励賞が贈られました。

 スポーツ奨励賞は、全国大会で3位以上の成績をおさめた方に贈られる賞で、直近の10年間では、平成17年度木村章司さん、平成20年度に第6普通科連隊、平成21年度藤村祥子さん、藤村あゆみさん、平成22年度一戸誠太郎さん、平成23年度福園祐理恵さん、大和田立さん、竹内奈美さんが受賞しています。 

 授賞式の後、陸上スポーツ少年団父母の会主催で入賞祝賀会が開かれ、少年団の子ども

や保護者、関係者など76人が出席し、矢口くんの全国大会準優勝を祝いました。 

   DSC_4746トリミング.gif  

 

 

 

  

9月5日

 

●  第21回美幌ふるさと祭り  

 

  例年にない残暑の中、今年もふるさと祭りの季節を迎えました。42店の手作り出店に、ステージショー、子ども横丁など盛りだくさんの内容でご来場をお待ちしています。

 

ふるさと祭りは4日から6日まで開催しています。

 

詳しくはこちら↓

 

  http://www.town.bihoro.hokkaido.jp/docs/2012082700035/

 

 

  

 

・・・・・・・・DSC_3915.gif・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 DSC_3979.gif

 

 DSC_4107.gif

 

 

 

 

9月2日

 

●  チビリンピック全道大会へUFOサッカースポーツ少年団) 

       

 

  9月1日・2日に開催されたチビリンピック網走地区予選で優勝!全道大会へ駒を進めました。

予選は、リーグ形式で4試合行われ、3勝1敗。勝ち点で並んだ北見市の少年団に得失点差で

上回り優勝。全道大会は、10月に千歳市で開催されます。

がんばれUFOサッカースポーツ少年団!

   067.gif

 

 

 

 

8月29日

 

●  2012北北海道都市対抗テニス大会優勝!  

       

 

  8月26日に北見市で開催された「2012北北海道都市対抗テニス大会」が見事初優勝!結果報告

に役場を訪れてくれました。

 参加チームは、4市・7町の12チーム(開催地の北見市は2チーム)。1チーム男子ダブルス3組、

女子ダブルス2組で構成され、予選リーグの後、順位決定戦が行われました。予選リーグは、

美幌町、斜里町、別海町、中標津町の4チームが対戦し、3勝0敗で1位通過。釧路市、北見市A

と対戦した順位決定戦、あいにくの雨の中、接戦を制し、出場19回目でうれしい初優勝!

おめでとうございます。

 

<出場選手>

 【男子】 森 一也さん、高橋裕一さん、安達時雄さん、柴田大輔さん、中川航太さん、

      後藤範夫さん、平間圭介さん

 【女子】 酒井君子さん、峰 美紀さん、高橋美奈子さん、中川千恵子さん、

      安達千佳子さん、佐々木元子さん 

   DSC02831②補正後.gif

 

 

 

8月29日

 

●  28回全国小学生陸上競技交流大会準優勝!!!  

       

 

 矢口航大くん(旭小学校5年生)が、陸上100mの全国大会で見事準優勝!!

 輝かしい「銀メダル」手に、結果報告に訪れてくれました。

 8月24日から25日にかけて横浜市で開催された「第28回全国小学生陸上競技交流大会」。予選、準決勝を1位で通過した矢口くん。予選では、自己ベストの13秒19の好タイム。なれない暑さの中、迎えた決勝。後半が得意という矢口くんは、見事な追い上げを見せ2位でゴール!

 矢口くんは、「来年は、1位をとりたい。12秒台を目標に頑張る」とこれからの抱負を語ってくれました。これからの活躍が期待できそうです!おめでとうございます。

 

DSC_3656.gif   DSC_3673.gif

 

 

 

 

8月26日

 

●  26回ふれあい広場びほろ 

       

 

 

 保健・医療・福祉のおまつり「ふれあい広場」。しゃきっとプラザの1階から3階が開放され、絵手紙や折り紙、バルーンアート、健康チェックコーナー、車いす体験に縁日など、盛りだくさんの内容。好天にも恵まれ子どもからお年寄りまで多くの方が訪れ、大盛況でした。 

DSC_3584.gif   DSC_3557.gif

 

 

 

 

8月25日

 

●  2012科学の祭典inびほろ 

       

 

 

 今年で10周年を迎える「おもしろ科学の祭典。会場となった東陽小学校体育館には、25のブースが設けられ、たくさんの子どもたちが科学の不思議に興味津々でした。校庭では、特別企画のモデルロケット発射実演が行われ、上空150mに上がるロケットを見て歓声をあげていました。

IMG_0634.gif   IMG_0556.gif

 

 

 

  

8月24日

 

●  北海道で初「3町差押財産合同公売会」  

       

 

 

 網走郡3町(津別町・美幌町・大空町)がはじめての差押財産合同公売会を開催。会場となった大空町の研修会館には、22名の来場者が訪れ、49品のうち11品が落札、売却金額は16,120円になりました。売却金は、滞納者の税金に充てられます。

DSC_3439.gif   DSC_3362.gif

 

 

 

  

8月23日

 

●  手づくりのマスコットをいただきました  

       

 

 

 交通安全の啓発に役立ててくださいと、深田良子さん(栄町)から手づくりのマスコット(カエルとオタマジャクシ)100個をいただきました。かわいらしいマスコットありがとうございました。

DSC_3735.gif ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

  

8月19日

 

●  町民会館「びほーる」オープン  

 

 

 

 

 美幌の文化の新しい拠点となる「びほーる」がオープン。約500席を有するびほーる。ゆったりとした客席と最新の音響設備でこれまでとは、ひと味違った芸術鑑賞が楽しめます。

 この日は、記念式典の後、記念事業「土の歌フェスタ」が行われ、会場はほぼ満席の大盛況でした。町民合唱団に、吹奏楽、太鼓、子ども神輿、舞踊、バレエなど総勢300名の町民が参加したフェスタ。びほーるのオープンにふさわしい町民手づくりの舞台に観客からは、大きな拍手がおくられていました。

 

  ・・・DSC_0225.gif・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 DSC_2757.gif

 

 DSC_2638.gif

 

 

  

8月19日

 

●  2012ビホロ100kmデュアスロン  

       

  30度を超える暑さの中、過酷なレースに挑んだ鉄人達。

全国から299人が出場し、291人が完走しました。

 ランとバイクで100kmを走破する1部やチーム戦、ジュニアの部など幅広い世代の参加者が自らの限界に挑戦していました。

  ・・・・・・・・DSC_0099.gif・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 DSC_4906.gif

 

 DSC_5840.gif

 

 

 

  

8月11日

 

●  ふるさと盆おどり  

       

  10年目を迎えた「ふるさと盆おどり」。高さ10mのやぐらを囲む浴衣姿の子どもたち、趣向をこらした仮装パフォーマンス、太鼓と三味線の生演奏が会場を盛り上げていました。ラストは、観客の目の前で打ち上げられる大迫力の納涼花火大会。花火が打ち上げられるたびに歓声がおきていました。

  ・・・・・・・・・・盆踊り④.gif・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 盆踊り.gif

 

 盆踊り②.gif

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホーム くらす 行政 学ぶ・楽しむ 観光・魅力