まちの話題2013年1月~6月

2013年7月25日

 

  

  2013 1月~6月  

 

 

  

 

6月23日 

 

● 目指せ!全国大会!! 

       

 北見市で開催された北海道小学生陸上競技大会の予選。毎年、全道大会に多くの出場者を出している陸上少年団。6年生男子100mでは、決勝に進出した8名のうち5名が美幌陸上少年団!1位と3位を獲得し、全道大会の出場権3枠のうち2枠を獲得しました。全道大会の切符を手にしたのは、男子8種目、女子6種目で20名。昨年は、矢口航大選手が全国大会の5年生男子100mで準優勝していることもあり、子ども達の目標は、全国大会出場!全道大会は、7月14日から函館市で開催されます。

 

  大会の結果はこちら↓

 2013地区大会結果.pdf(97.6KBytes)   

 DSC_4284.gif

 

  

 

 

 

6月17日 

 

● いざ!世界選手権へ 

       

 本町出身の久保恒造選手が「2013 IPC世界選手権大会」の車いすマラソン日本代表に選出されました。世界選手権への出場は、2006年以来2度目となります。冬は、ノルディックスキーのバイアスロン、夏は、車イスマラソンとスキーと陸上を両立している久保選手。「今回の出場は、来年のソチオリンピックに向けてモチベーションを保つことができる。先頭集団に食らいつき、頑張りたい。」と抱負を話してくれました。世界選手権は、7月20日から29日にかけてフランスのリヨンで開催されます。

  DSC_3570.gif   

 

 

 

 

6月11日 

 

● 図書館に車イスをいただきました 

       

 北海道新聞安藤販売所(所長 安藤多起)様から、地域貢献事業の一環として図書館に車イスを寄贈していただきました。大切に使わせていただきます。ありがとうございました。

   DSC_3347.gif  

 

 

 

 

 

 

 6月8日・9日

 

● 小学校運動会フォトアルバム 

 

 

旭.gif  

美小.gif

 

 

     

 福豊.gif

  東陽.gif  

 

 

 

 

6月6日 

 

● しゃきプラ プレイルームに滑り台 

       

 松緑神道大和山美幌支部(永澤則次支部長)様からの寄附金で、しゃきっとプラザ1階のプレイルームに滑り台を購入させていただきました。大和山美幌支部様からは、しゃきプラができてから、毎年、寄附をいただいており、本部からの寄附を加えた総額は、420万円を超えています。これまでも、しゃきプラにマッサージチェアやエアロバイクなどを購入させていただきました。ありがとうございました。

   DSC_2682.gif  

 

 

 

 

5月29日 

 

● 大規模災害等派遣隊員の家族をサポート 

       

 陸上自衛隊美幌駐屯地の隊員が大規模災害等に派遣された際に、町が留守家族を支援する「大規模災害時等における派遣隊員の留守家族支援に関する協定書」の調印式が行われました。

 この協定は、派遣隊員が安心して派遣活動ができるようにと結ばれたもので、道内では、4例目。協定を結ぶきっかけとなったのは、東日本大震災。美幌駐屯地からも計470名が3か月間、被災地に派遣されました。派遣隊員の家族は、いつ帰ってくることができるのか分からない状況の中、不安を抱えている方も多くいました。この経験を踏まえ、隊員が任務に専念できるよう、子どもや介護が必要な家族への支援など8項目について町が支援するものです。

   DSC_2613.gif  

 

 

 

 

5月29日 

 

● 消防設備の充実を 

       

 美幌消防発足100年を記念して、消防の設備充実に役立ててほしいと、朝鳥純一様(朝鳥商店代表取締役)から100万円のご寄附をいただきました。

 いただいた寄附金は、消防隊員が火災現場で通信するために使用するトランシーバーと放送設備の購入に使わせていただきます。ありがとうございました。

 DSC_2622.gif   DSC_2617.gif 

 

 

 

 

5月28日 

 

● お口の健康たいせつに 

       

 美幌歯科医師会様から町内の小学生全員に歯ブラシ1050本を寄贈いただきました。歯ブラシは、小学1・2年生用と3年生以上の2種類。昭和59年からこれまで5万本以上の歯ブラシを寄贈いただいています。ありがとうございました。

 また、歯の健康週間として、6月1日から10日までしゃきっとプラザで、小学生の虫歯予防ポスター展が開催されます。8日には、池田歯科クリニック院長の講演と無料歯科相談が実施されます。

DSC_2557.gif    DSC_2558.gif 

 

 

 

 

 

5月26日 

 

● 交通安全と美幌峠観光の発展を 

       

 今回で59回目となる「美幌峠まつり」。本格的な観光シーズンを迎え、美幌峠を訪れる観光客の交通安全と美幌峠観光の発展を祈願するため、毎年開催されています。

 今年は、数年ぶりの快晴。安全祈願祭に続きテープカットが行われ、北海道アイヌ協会美幌支部・弟子屈支部・川湯支部による民俗舞踊「カムイノミ」で美幌峠の安全を祈願しました。今年も一人でも多くの観光客の皆さんに美幌峠から見る絶景を楽しんでほしいですね。

 

  ※カムイノミ・・・「神に祈る」と言う意味のアイヌ語。本来は、神=カムイを天界に帰す儀式です。

 ○IMG_3507.gif

 ○IMG_3468.gif

 

 

 

 

 

 

5月25日 

 

● すくすく育って! えだまめさん 

                 じゃがいもさん とうもろこしさん 

       

 満開の桜に囲まれ、今年もみどりの村ふれあい農園の作業がスタート。この日は、馬鈴薯、とうもろこし、枝豆の種まきが行われました。参加したのは、9組27名の親子。決められた場所に種を置き、習ったとおりに人差し指の第一関節目までぎゅっと押し込む子どもたち。慎重に一つひとつ種をまく子もいれば、次から次へと手際よく作業する子も。秋には、立派な野菜が育ってくれると思います。

 ○DSC_1106.gif   ○DSC_1118角度補正.gif 

 

 

 

 

 

 

5月25日 

 

●  運動会シーズン到来! 

       

 今年も運動会のシーズンがやってきました。

 トップバッターは、美幌中と北中。今回は、北中におじゃましました。30回目の節目となる運動会。前日までの悪天候がウソのように久しぶりの穏やかな春の日差しの中、1年C組と2年B組、1年B組と3年B組、1年A組と2年C組、2年A組と3年A組の4チームが結成され、得点を競いました。競技の開始前の選手宣誓の後には、各チームの代表が趣向をこらした決意表明で、会場を盛り上げ、真剣勝負が始まりました。

 競技は、全部で15種目。全校生徒が各組に別れ参加する100m走。順位が得点に加算されることもあり、全力疾走する生徒たち。学年別、学年別学級対抗の種目の他にもチーム別種目が設けられ、学年の枠を超えて生徒たちがひとつになれる北中の運動会でした。

 この後、6月の8日、9日に町内の小学校、6月下旬から7月上旬にかけて町内の保育所・幼稚園で運動会が開催されます。

 

○DSC_1094.gif     ○DSC_2462.gif

 ○DSC_1074.gif

 

○DSC_2493.gif 

 

 ○DSC_2394.gif

 

 

 

 

 

 

5月22日 

 

●  ベスト消費者サポーター章受賞 

       

 美幌消費者協会が、ベスト消費者サポーター章を受賞しました。消費者庁長官から贈られるもので、出前講座や消費生活展、津別町から消費生活相談業務の委託を受け広域的に活動していることなどの取り組みが認められ今回の受賞となりました。消費者協会の皆さまおめでとうございます。

  DSC_2355.gif   

 

 

 

 

 

 

 

5月19日 

 

●  美幌峠を目指しタスキをつなぐ 

       

 49回目となる美幌駅・美幌峠間駅伝競争大会が開催され、町内外から22チームが出場しました。天候が心配でれていましたが、当日は、春の日差しがふりそそぐ快晴。29㎞を5区間でタスキをつなぎ、ゴールとなる美幌峠を目指しました。優勝したのは、留萌自衛隊Aチーム。町内から出場した9チームの中でトップは、美幌駐屯地第6普通科連隊の総合4位。来年は、50回目を向かえる峠駅伝です。

 DSC_2210.gif    DSC_2257.gif

 

 

5月19日 

 

●  魚無川をきれいに  

       

 「魚無川をきれいにする会」の主催で毎年行われている「魚無川一斉清掃」。この日は、魚無川沿線の自治会や美幌高校のボランティア同好会などから約440名が参加し、川底のごみや、川沿いに落ちているごみを拾い集めました。年々きれいになっていく魚無川です。

  DSC_2178.gif   

 

 

 

 

5月15日 

 

●  緑の羽根2万8千円を寄附していただきました 

       

  北中ボランティアサークルの代表3名が来庁。緑の羽根街頭募金で集まった善意28,518円を町へ寄附していただきました。9日に町内のスーパー3か所で行われた街頭募金には、サークルの11名が参加。これまで20年以上続いているこの取り組みによる寄附は、累計で100万円を超えています。大切に使わせていただきます。ありがとうございました。

  DSC_2085.gif   

 

 

 

 

5月11日 

 

●  大人気!美高ショップ「白樺坂」 

       

  今年度の美高ショップ「白樺坂」がオープンしました。当日は、美高生が心を込めて育てた花や野菜の苗、ベーコン・味噌などの加工品が並びました。中でも人気だったのは、野菜の苗。販売しているハウスのまわりには、多くの来場者が並び、家庭菜園のシーズンを前に、好みの苗を選んでいました。美高ショップは、この後、6月、8月、11月、12月、2月に開催されるほか、7月の和牛まつり、10月のJA収穫祭にも出店する予定です。

 DSC_1783.gif   DSC_1825.gif 

 

 

 

 

5月5日 

 

●  B・Bがやってきた! 

       

  北海道日本ハムファイターズのマスコット「B・B」が、全道の市町村を訪問するプロジェクト「212物語」の撮影のため美幌町にやってきました。美幌峠や峠の湯、物産館ぽっぽ屋、みどりの村、びほーるなど町内のおすすめスポットをまわったB・B。撮影の合間には、野球少年団の練習にも参加!バットを手に取りノックを始めたB・Bに「お~」という歓声!ノックがうまい!さすがファイターズのマスコット!野球が得意のようです。

 この日は、B・Bと一緒に美幌町出身の歌手で、北海道日本ハムファイターズ公認の“感謝”ソング「ありがとうのうた」を歌っている「松本大地」さんも撮影に同行。びほーるでは、「ありがとうのうた」を歌う松本大地さんの撮影も行われました。このときピアノ伴奏をしたのは、なんとB・B!見事なピアノの腕前にスタッフもびっくり!なんでもできる多才なB・Bでした。

 夕方から始まる、B・Bとの交流会の前には、ファイターズグッズの抽選会やストラックアウトやフロアーカーリングのミニイベントが開催され、約300人のファイターズファンが町内外から訪れました。交流会では、B・Bのサインを求めて長蛇の列。ファン一人ひとりと握手をして、サインと記念撮影するB・B。子どもには、B・Bのカードがプレゼントされ、笑顔で受け取る子ども達。うれしい「こどもの日」のプレゼントになりました。

 

 DSC_0044.gif  DSC_1681.gif  DSC_0357.gif

 DSC_1545.gif

 DSC_0010.gif

DSC_0034.gif DSC_0338.gif DSC_0085.gif

 

 

 

 

 

4月29日 

 

●  あこがれの消防車に大興奮 

       

  毎年開催されているチビッコ消防大会。当日は、あいにくの雨模様でしたが、多くの子どもたちが訪れました。会場には、ふわふわぞうさんやスマートボールなどおなじみの遊具と、普段は乗ることができない消防車の試乗コーナー、子ども用の消防士の制服が用意された記念撮影コーナーなどが設けられました。中でも人気だったのは、水消火器での的あてコーナー。 真剣な眼差しで的をねらい見事に打ち抜く子どもたち。遊びながら消化器の使い方を学んでいました。

DSC_1406.gif    DSC_1387.gif 

 

 

 

 

 

4月26日 

 

●  行政相談員中川さんと陰山さんへ感謝状 

       

  3月31日付で行政相談員を退任された中川重蔵さんと陰山幸子さん。

 平成9年から行政相談員として16年間活動してきた中川さん。その永年の活動に対し、総務大臣から感謝状が贈られました。中川さんは、16年間を振り返り「相談の内容は、幅広く、いろいろと勉強させていただいた。ご協力いただいた皆さまに感謝したい。」と話していました。

 陰山さんは、平成21年12月から3年4か月活動され、北海道管区行政評価局長から感謝状が贈られました。「中川さんにご指導いただきながら活動してきた。現地の確認が必要なときは、必ず現地に出向き自分の目で確認してから相談を進めることに気を付けた。」と語ってくれました。

 

 

   DSC_1369.gif  

 

 

 

 

4月22日 

 

●  なかなか来ない春 

       

  例年にない大雪も徐々に溶け始め、やっと春の兆しが見えてきた!と思いきや冬に逆戻りしていましました。「そろそろ咲こうかなぁ」と思っていた花たちも、どうやら思いとどまった様子。ゴールデンウイークが終わるまでは、油断できませんね。今週末から始まるGW、遠出される方は、お気を付けください。

 DSC_1057.gif    DSC_1073.gif

 

 

 

4月18日 

 

●  注射はいやだ 

       

  4月16日から4月21日にかけて町内46か所行われた狂犬病の予防接種。

ただならぬ雰囲気を察してか?昨年の記憶がよみがえったのか?4本の足で踏ん張り頑なに注射をいやがる犬もいれば、まったく騒ぐことなく平気な顔で注射される犬も・・・。

 狂犬病の予防接種は、6月にも実施されます。まだ、予防接種を受けていない方(犬)は、必ず受けてください。

  DSC_1280.gif   

 

 

 

4月9日 

 

●  石田選手&久保選手 ソチに向けて好成績! 

       

 

 クロスカントリースキーの石田正子選手とバイアスロンの久保恒造選手が、2012-2013シーズンを終え帰町し、来庁してくれました。

 石田選手は、ワールドカップの総合成績で、前年を上回る17位。フランス大会10㎞女子クラシカルでは、0.2秒差で4位と好成績。久保選手は、世界選手権バイアスロン・ロング男子15㎞座位で初優勝!ワールドカップ年間総合ランキングでも見事1位!!来年のソチオリンピック&パラリンピックに向けて、頑張ってください。

 

 詳しくは、こちら↓

アスリートニュース(石田選手&久保選手).pdf(1.27MBytes)

   CIMG4243.gif  

 

 

 

 

 

 

4月8日 

 

●  ともだち100人できるかな? 

       

 

 町内の小学校4校で、入学式が行われ、164人の子ども達が、ピカピカのランドセルとピカピカの笑顔で初登校。入学式では、保護者と先生、在校生のお兄さん、お姉さんが見守る中、ちょっと緊張しながら入場してきた新1年生でしたが、式が終わり、教室に入ると次第に笑顔も・・・。いっぱい遊んで、いっぱい勉強して、いっぱい友達をつくってください。新一年生のみなさん入学おめでとうございます。

 

【学校別入学児童数

 

美幌小学校 69名                                      写真右・・・福豊小学校

東陽小学校 51名             写真下段・・・旭小学校

旭小学校    41名  

福豊小学校   3名  

            計164名

 IMG_5858.gif    

 DSC_1081.gif

DSC_1074.gif    

 

 

 

 

 

4月1日 

 

●  消防救急無線デジタル化

       

 

 美幌・津別広域事務組合消防本部の消防救急無線が、全道に先駆け「デジタル化」。これにより、秘匿性が向上し個人情報が守られるとともに、これまでより広範囲をカバーできるようになりました。

   IMG_5675.gif  

 

 

 

 

 

3月18日 

 

●  美幌峠牧場施設等の利用に係る基本合意に調印

       

 

 有限会社ワタミファームと美幌町が、美幌峠の運営について合意し、調印式を行いました。5月1日から3年間の契約で、ワタミファームが、美幌峠牧場のこれまでの機能を残しつつ、運営していくこととなります。

  DSC_0419.gif  

 

 

 

 

3月15日・19日・22日 

 

●  町内小中卒業式 

       

 

 美幌高校に続き、町内の小学校と中学校で卒業式が行われました。

 

 3月15日は、美幌中学校と北中学校の卒業式。今年は、美中におじゃましました。校舎が移転して初めての卒業式となる美中。緊張した面持ちで卒業証書を受け取る卒業生、満面の笑顔で卒業証書を受け取る卒業生、卒業証書を授与されたあと、校長先生と固い握手を交わす卒業生。それぞれの思いを胸に3年間の中学校生活を終え、新たな旅立ちの日となりました。(写真:上段)

 

 3月19日に美幌小学校、東陽小学校、旭小学校、22日に福豊小学校の卒業式が行われ、東陽小学校の卒業式におじゃましました。

 

 卒業生は、それぞれの「夢」と「中学校でがんばりたいこと」を両親と、先生、在校生が見守る中、堂々と発表してから卒業証書を受けとりました。「プロ野球選手」や「お医者さん」、「学校の先生」など、みんなの「夢」は、十人十色。夢に向かって頑張ってください。

 

ご卒業おめでとうございます。

 DSC_0110.gif    DSC_0159.gif

 

 

 【今年度の卒業生】

 

  美幌中学校  100名      美幌小学校  75名

  北中学校     98名       東陽小学校  45名

                   旭小学校     61名

    計      198名    福豊小学校    3名

 

                        計     184名

DSC_0452.gif   DSC_0504.gif

 

 

3月4日 

 

●  久保選手の世界選手権「初優勝」!! 

       

 

 昨日スウェーデンで開催されましたIPC(国際パラリンピック委員会)ノルディックスキー世界選手権スウェーデン大会において、本町出身の久保恒造選手が初優勝!!バイアスロン種目での優勝は、日本人初!快挙を成し遂げました。

来年のパラリンピックにに向けて期待が高まります。おめでとうございます。

  111212kubo.gif  

 

 

 

3月4日 

 

●  旭小5年 須郷さん

        「水の事故ゼロ運動」標語で最優秀賞 

       

 

 今年で3回目となる「水の事故ゼロ運動」標語で、全国の小学生から応募のあった2491点の作品の中から、旭小学校5年生の須郷美聖(すごう みさと)さんの作品が見事「最優秀賞」に選ばれました。
 この標語募集は、日本の水の事故ゼロを目指すための周知啓発活動の一環として、平成23年度から実施されている運動です。

 美幌水泳少年団に所属している須郷美聖さんは、第1回目から標語募集に応募し、初の入賞が「最優秀賞」となりました。美幌水泳少年団では、これまで2年連続で「優秀賞」の受賞者を出してますが、「最優秀賞」の受賞は初。おめでとうございます。

  標語.gif  

 

 

 

 

 

3月1日 

 

●  美高卒業式 

       

 

 3月に入り、新たな旅立ちの季節がやってきました。この日は、美幌高校の卒業式。美幌高校と農業高校が統合されてから2回目となる今年の卒業式は、普通科68名、農業科学科12名、食品科学科19名、生活科学科16名の計115名が卒業しました。卒業生のほとんどが、進学先や就職先が決定しているそうです。

 ご卒業おめでとうございます。

 DSC_9931.gif    DSC_9945トリミング.gif

 

 

 

2月22日 

 

●  ほくでんファミリーコンサート 

       

 

  「北海道電力株式会社」主催の「ほくでんファミリーコンサート」は、1973年から全道各地で開催されているクラシックコンサートで、今回で488回目となります。「びほーる」オープン記念として開催され、町内外から多くのクラシックファンが訪れました。びほーるがオープンして初めての本格的なオーケストラ。満員となったホールには、札幌交響楽団の皆さんが奏でる美しいメロディーと、オーケストラならではの迫力ある演奏が響き渡りました。

 

  DSC_9872.gif   

 

 

 

2月19日 

 

●  野鳥などの写真187点を寄贈していただきました 

       

 

 町内在住のアマチュア写真家「前田武夫」さんから野鳥を中心に、キツネ、モモンガ、リス、貴重なエゾクロテンなどの生態写真187点を寄贈いただきました。写真には、撮影地や撮影日のデータもあり、町内の野生動物の生息記録として重要な資料となります。

 寄贈を受けた博物館では、寄贈いただいた写真を教育活動に有効に活用させていただく予定です。ありがとうございました。

 

※掲載している写真は、実際の写真より画質をおとして表示しています。

 Scan1.gif    Scan10001.gif

 

 

 

 

 

2月12日 

 

●  今年も「ぶじかえる」のマスコットをいただきました 

       

 

 交通安全の啓発に役立ててくださいと、昨年に引き続き、深田良子さん(栄町)から手づくりのマスコット「ぶじかえる」100個をいただきました。このマスコットは、新一年生に配られる予定です。

 かわいらしいマスコットありがとうございました。 

 

  

  DSC_9677.gif   

 

 

 

2月11日 

 

●  町民スケート大会 

       

 

 今回で44回目となる美幌町民スピードスケート大会。近年にない好天に恵まれ、幼児から大人まで約50名の町民が、大会に参加しました。美幌ロータリークラブ提供のメダルを目指し、真剣な表情で、スピードを競う子ども達、4つの大会新記録を更新。途中で転んでもあきらめずに最後まで走りきりました。リレー競技では、仮装姿で滑るチームもあり、会場を盛り上げていました。 

   DSC_9531②.gif  

 

 

 

 

2月10日 

 

●  リリー山選手権 

       

 

 第43回美幌町リリー山選手権大会が開催され、町内外から71名が参加。小学一年生から61歳以上の部まで12部門が行われ、16の旗門を巧みにくぐり抜け、速さを競っていました。

   DSC_0906.gif  

 

 

 

2月8日 

 

●  「福豊小統合に関する覚書」を調印 

       

 

 福豊小学校の旭小学校への統合に向けて、福豊小学校統合対策委員会と福住自治会、豊富自治会、美幌町教育委員会が覚書に調印しました。

 明治45年に美幌尋常高等小学校所属第二杵端辺教授所として設立され、昨年、開校100周年を迎えた福豊小学校。昭和34年には、179名が通っていましたが、現在は、11 名。平成24年2月に学校長、PTA、地域自治会、同窓会、地元町議、教育委員会で構成される福豊小学校地域懇談会が開催され、9月には、福豊小学校統合対策委員会を設置。約1年間に渡り協議が進められて、今回の調印となりました。

 調印式で、沖田教育委員長は、「100年の歴史をもつ伝統ある福豊小学校が、旭小学校へ統合することを、地域の皆さんが、協議に協議を重ね苦渋のご決断をいただいた。厚くお礼申し上げます。今後も、子どもたちのより良い教育の推進のため、地域の皆さんと協議していきたいと思います。」と挨拶。続いて、橋本博之福豊小学校統合対策委員会委員長が、「福豊小学校は、明治45年に、地域の住民が自分たちで土地を買い、自分たちで校舎を建て開校した小学校です。学校としてだけではなく、地域の交流の場としても活躍してきました。この地域には、地域の子どもを地域が育てるという考えが昔からあり、地域が大切にし、育ててきた学校でもあります。今回、覚書に調印しましたが、断腸のおもいで、手が震えました。後で良かったと思える統合にしていきたいと思います。」と統合に当たっての思いを話していただきました。

 福豊小学校は、平成26年4月1日から旭小学校に統合されます。

 

  

   DSC_9319.gif  

 

 

 

 

2月7日 

 

●  オホーツクフォーラムin美幌 

       

  地域経済の潜在力発掘プロジェクトの一環として、北海道の主催で開催された「オホーツクフォーラムin美幌」。「産品から製品へ、そして商品へ」と題し、的場代理弁理士による基調講演が行われ、地域ブランドの具体的な成功事例をあげ、地域ブランドの作り方やそれをどのように育てていくかなどを分かりやすく解説していただきました。

 また、美幌商工会議所伊藤健一氏が「わがまち美幌を元気に-美幌豚醤油まるまんま-」をテーマに地域活性化事例発表を行いました。合同会社びほろ笑顔プロジェクトの立ち上げ、「美幌豚醤油まるまんま」の開発秘話をお話いただき、最後に、「5年、10年先に町内の家庭の冷蔵庫に1本は必ずある。そうなったときに本当の特産品になると思う。そうなるように頑張っていきたい。」とこれからの意気込みを話していました。

  DSC_9305.gif   

 

 

 

2月7日 

 

●  一戸選手&中西選手全中スケート報告 

       

 

 第33回全国中学校スケート大会の1000mで優勝した一戸大地選手(美幌北中)と、2年生ながら5000mで12位となった中西彩人選手(美幌北中)が、全国大会を終え報告のため来庁してくれました。

 一戸選手の1000m予選タイムは、1分16秒14でしたが、決勝では、1分15秒94とタイムを縮め、見事優勝!大舞台での強さを見せてくれました。

 一戸選手は、「実感はまだない。ビックリしている。3位以内には入れるかもしれない思っていたが、優勝は、厳しいと思っていた。リラックスできたことが良かったと思う。今後は、兄のように世界に挑戦してみたい。」と大会の感想と、今後の抱負を語ってくれました。

 中西選手は、「先輩の活躍が刺激になっている。負けてられないという気持ちになる。来年は、3位以内を目指したい。」と来年への目標を話してくれました。

 

今後のご活躍を期待しています。

   DSC_9162.gif  

 

 

2月6日 

 

●  クロカン少年団全道大会報告 

       

 

 美幌クロスカントリースキー少年団の皆さんが、1月26日に開催された「第34回全道ジュニアクロスカントリー和寒大会」の結果報告に来庁してくれました。。猛吹雪の中で行われ、美幌町からは、19名が参加し、見事優勝した久保颯大くん(美小3年)、畔上夢花さん(美小6年)、丹羽香苗さん(美中1年)含む14名が入賞と好成績をおさめました。夏のトレーニングが功を奏し、昨年よりも全体的に順位が上がったそうです。

入賞した皆さんおめでとうございます。

 

 

 

 大会成績.pdf(114KBytes)

   DSC_9181.gif  

 

 

 

2月5日 

 

●  一戸選手全中スケート大会 優勝!! 

       

 

 2月2日(土)~2月5日(火)にかけて長野市エムウェーブ(長野五輪スピードスケート競技会場)で行われた第33回全国中学校スケート大会で、美幌北中学校3年生の一戸大地さんが、見事「優勝」しました。優勝したのは、5日に開催された1000m(タイム1分15秒94)で、前日に行われた1500mでも準優勝(タイム1分56秒22)。

 2013年も「びほろっ子」たちの活躍が期待できそうです。

 おめでとうございます。

 

   一戸大地全道大会優勝.gif  

 

 

 

2月3日 

 

●  2013びほろ冬まつり 

       

 

 前日の暖かさがウソのように冬らしい天候の中開催された今年の冬まつり。約6500人の来場者が訪れました。

 美幌駐屯地の皆さんが作ったジャンボ滑り台で、元気に遊ぶ子どもたち。恒例となった「千人鍋」は、1000食が無料で配られ、寒さを吹き飛ばす暖かい豚汁を堪能していました。また、こちらも恒例となった「寒中焼き肉」。会場に並べられた40個の炉を囲み厳寒の中で焼き肉を楽しむ来場者。焼き肉のおいしそうなにおいが漂っていました。

 メインのイベントとなる「雪上綱引き」には、小学生、一般男子、一般女子の3部門合わせて18チームが参加。一般男子の部に出場した「北見工大CVR」は、ドラえもん、のび太くん、スネ夫、しずかちゃん、ジャイアンの仮装で登場し、会場を盛り上げていました。

  DSC_8777.gif   DSC_8639.gif

 DSC_0982.gif

  DSC_1010.gif DSC_0965.gif

 

 

2月2日 

 

●  バレンタインイルミネーション 

       

 

 みどりの村のバレンタインイルミネーション。特大ハートのイルミネーションの前で写真でもいかかですか?2月14日(木)のバレンタインデーまで点灯しています。

   バレンタインケーキイルミネーション25年_113.gif  

 

 

 

 

1月25日 

 

●  珍客来客 

       

 

 スポーツセンターに珍しいお客様。運動しすぎて疲れてしまったのでしょうか?カーテンにしがみつき気持ちよさそうに眠っています。

 このコウモリは、博物館の職員が引き取り、安全な場所に帰しました。

 またのお越しをお待ちしております。

   DSCN8931.gif  

 

 

 

 

 

1月19・20 

 

●  びほろ木育ランド 

       

  子どものころから木を身近に感じ、人と木や森との関わりを考えられる豊かな心を育むために開催されている「びほろ木育ランド」。5回目の開催となる今年は、しゃきっとプラザに会場を移し、2日間で大人138名と子ども187名の合わせて325名が来場しました。

 木のプール、木馬、つりぼりなど、お気に入りの遊具を見つけて遊ぶ子、木製の三輪車で会場を走りまわる子、真剣な表情でドミノを作る子など思い思いの遊び方を見つけて遊ぶ子どもたち。会場は、子どもたちの笑い声であふれていました。

○DSC_8543.gif    ○DSC_8550.gif 

 

 

 

 

 

1月13日 

 

●    成  人 

       

 

 今年から「びほーる」に場所を移し「成人の集い」行われました。

 かつてのクラスメートの久しぶりの再会と、二十歳の門出をともに喜ぶ晴れ着姿の新成人たち。対象となる平成4年4月2日~平成5年4月1日生の205名(町内に住民票のある方150名、町外受付55名)のうち、当日は、163名が出席。懐かしい「思い出の映像」の上映や、新成人へのインタービューなど、新成人たちが企画した催しに、会場は笑顔であふれていました。

 新成人の皆さまおめでとうございます。

  DSC_0768.gif  

DSC_8444.gif 

 
 

 

 

 

 

 

 

1月10日 

 

●  ライトピラー 

       

 

 寒い日が続きます。

11日の最低気温は-23.5℃(アメダス)。場所によっては、-25℃を下回ったところもあるようです。

 昨晩は、リリー山スキー場の照明がきれいなライトピラーを見せてくれました。

DSC_0706.gif    DSC_0740.gif 

 

 

 

 

 

1月1日 

 

●  2013初日の出 

       

 

 新年あけましておめでとうございます。

 

 今年も美幌峠とみどりの村で、初日の出イベントが開催されました。初日の出の名所として知られる美幌峠には、例年よりも多い約1200名が2013年の初日の出を拝もうと訪れ、午前7時を過ぎたころ快晴の美幌峠からだいだい色に輝く太陽が顔を見せると、来場者から歓声があがりました。

 

 みどりの村でも美幌峠より数分遅れ、美幌の市街を赤く染める初日の出を見ることができました。今年で5年目となるこのイベント。約30名の来場者が、美幌峠とはひと味違った初日の出と無料で配られたおしるこを堪能しました。

 

 皆さまにとって、本年が良い年でありますように。

  DSC_8276.gif  

 DSC_2008.gif

  DSC_2024.gif  

 

 

 

 

 

 

 

 まちの話題【2012】

 

ホーム くらす 行政 学ぶ・楽しむ 観光・魅力