くらすわ美幌(第2話)

2013年8月1日

 

 

jimaeyo1.gif

 

 

 

~ 第2話 ”あたたかさ” ~

 

 

私はですね、毎日楽しいわけですよ。

 

例えばコンビニエンスストア。

 

何の変哲もない普通の「鮭おにぎり」さえ美味しいんです。

 

綺麗な景色を見ながら、美味しい空気と一緒に頬張るのだから

 

美味しい。・・・はず。

 

しかし・・・美味しさとは別に疑問が一つ。

 

それは毎回、”おにぎりは温めますか?”と聞かれること。

 

勇気を出して職場の先輩方に聞いてみました。

 

 

即答『俺は温めない!』

 

・・・終了(涙)

 

jimaeyo2.gif

 

しかし優しい先輩方は熟考してくださいました。

 

『俺も温めないけど、弁当を温めるか聞くのと一緒の感覚じゃないの?』

 

『具材によっては温めた方がおいしいよね』

 

他の部署の方々にも聞いてみました。

 

『とり五目とか温めて食べると美味しいーー☆』

 

『私は基本、温めるーー☆』

 

『おおーっ!』(”温める派”の登場にワクワクしてきました)

 

『俺は温めない。』・・・終了・・・。

 

 

私の周囲では”温めない派”が殆どでした。

 

 

毎回聞いてくれるにもかかわらず、こんなに”温める派”が居ないとは意外でしたが

 

少なくとも、良かれと思って行われているサービスですし、聞かれて気分を害す事もないでしょう。

 

旅行で来られた方、今まで温めなかった方は1度おにぎりを温めてみてはいかがでしょうか。

 

何かがわかるかも知れません。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

@@あとがき@@

 

 

実は・・・

 

おにぎりを買おうとレジへ向かい、温めるか否かを聞かれ、支払いをする瞬間

 

突如試練はやって来る。

 

 

《店員》 ”カードはお持ちですか?”

 

《客》  ”はい”

 

言うや否や、店員さんはスキャナー(バーコード読み取り装置)を握りしめたまま構えます。

 

 

集中しています。

 

・・・・・・

 

じっとして動きません。

 

・・・・・・

 

こちらの動きをうかがっています。

 

・・・・・・

 

まるで緊迫した卓球のサーブの瞬間のようです。

 

 

 

そうなんです。

 

お客様がカードを裏返してバーコード部分を見せてくれるのを待っているのです。

 

私は初めて遭遇した時は何が起きているのか理解できませんでした。

 

お客様にカードを持たせたまま、なおかつカードを裏返させて、店員さんがピッとし易いように

 

しばしじっと待てと?

 

横柄だなと思ってしまった自分が恥ずかしいです。店員の皆さん、すみません。

 

良く考えてみれば、カードをお預かりしないことでセキュリティーを維持しつつ、お預かりの際の

 

言葉や動作が省略されるため大幅なスピードアップも実現できる。

 

”おにぎりあたためますか?”って聞いてもおつりが来る。

 

なんて安心で効率的なシステム!

 

ただ、このシステムが成り立っているのはお客様が優しいからに他なりません。

 

 

地元の方々はこのシステムを誇らしく。

 

旅行者の方々はこのシステムを微笑ましく感じて頂ければと思います。

 

 

あたたかいのはおにぎりだけではありません。

 

 

それではまたいつの日か。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連ワード

お問い合わせ

商工観光グループ
移住・交流・商工労政担当 佐藤茂樹
電話:0152-73-1111 (292)
ホーム くらす 行政 学ぶ・楽しむ 観光・魅力