スポーツ振興くじ助成事業のご紹介

2014年8月20日

平成26年度

事 業 名:柏ヶ丘運動公園陸上競技場ラグビー用人工芝設置事業

 

ラグビーの合宿や試合を安全に行うため、スポーツ振興くじの助成を受けて、陸上競技場に人工芝を設置しました。

全天候舗装部分に人工芝を敷き詰めることにより、インゴールラインのスペースを確保することができました。 

 

 

 

7月にはNECラグビー部の合宿が行われ、安全な環境での練習や交流試合ができました。  


  

  

平成25年度 

  平成23年度にスポーツ振興くじ助成金を受けて、美幌中学校グラウンドが芝生化され、使用開始から2年目となりました。

 美幌町において初めてとなる学校グラウンドの芝生化により、良好な教育環境の充実が図られるとともに、グラウンドを広く町民の皆さまへ開放することで、町民のスポーツ振興が図られています。
 昨年に引き続き、本年7月に約450名の選手が参加して開催された「北網地区社明杯少年サッカー大会」において、大会会場の一部としてグラウンドが使用され、隣接するあさひ多目的広場との有効活用が図られ、スポーツ施設の利便性の向上に大きく貢献しています。

 

 

 

 

 

事 業 名:美幌中学校グラウンド天然芝生維持活動事業

 

 平成24年度に引き続きスポーツ振興くじ助成金を受けて、芝生の維持管理作業の備品(タンク、除草剤等散布機)を購入し維持管理作業を行いました。 

 

〈タンク〉

 

 

〈除草剤等散布機〉

 

 

 

〈作業風景〉

 

 

 

 

平成24年度 

 平成23年度にスポーツ振興くじ助成金を受けて、美幌中学校グラウンドが芝生化され、今年度から使用開始となりました。
 美幌町において初めてとなる学校グラウンドの芝生化により、良好な教育環境の充実が図られるとともに、「学校開放事業」としてグラウンドを広く町民の皆さまへ開放することで、町民のスポーツ振興が図られています。
 特に、「学校開放事業」では、本年7月に約450名の選手が参加して開催された「北網地区社明杯少年サッカー大会」において、大会会場の一部としてグラウンドが使用された他、高体連サッカー全道大会(網走市開催)参加チームの練習会場としても使用されました。


 

事 業 名:美幌中学校グラウンド天然芝生維持活動事業

平成23年度に引き続きスポーツ振興くじ助成金を受けて、芝生の維持管理作業の備品(自走式スプリンクラー等)を購入し維持管理作業を行いました。 

 

〈転圧作業〉            〈自走式スプリンクラー〉        〈灌水用ホース〉



 

 

平成23年度

 

スポーツ振興くじ助成金を受けて、美幌中学校グラウンドの芝生化を行いました。

グラウンドが芝生化されたことで、良好な教育環境の充実が図られるとともに、「学校開放事業」としてグラウンドを広く町民の皆さまへ開放することにより、町民のスポーツ振興が図られます。

 

 

事 業 名:美幌中学校グラウンド天然芝生化新設事業

 工事面積:12,879㎡(スポーツターフ:159m×81m)

 

 

 

事 業 名:美幌中学校グラウンド天然芝生維持活動事業

スポーツ振興くじ助成金を受けて、芝生の維持管理作業の備品(スポーツトラクター等)を購入し維持管理作業を行いました。

 

 芝刈り作業                  転圧作業

 

 

totoロゴマーク.gif

 

 

 

お問い合わせ

スポーツ振興グループ
電話:0152-73-4117
ホーム くらす 行政 学ぶ・楽しむ 観光・魅力