新規就農者の育成

2018年7月12日

 

 現在、美幌町では離農予定者の住宅・農地等を一括で引き継ぎ、野菜出荷

グループの構成員となる新規就農研修生を『1組限定』で大募集しています。

 

 美幌町では農業後継者不足による農家戸数減少の対策として、意欲ある新たな担い手の育成を図るため、農外からの新規就農希望者を研修生として受け入れしています。

 美幌町では「経営継承方式」による新規就農を推奨しています!

   経営継承方式とは離農者から農地・住宅・農機具・農舎等の経営体一式を居抜きの状態で有償譲渡する形であり、最も理想的な就農方式です。

   ※「経営継承方式」は離農予定者からの申し出があり次第、研修生の募集・受入

    を開始します。

 

 研修期間は3年間

1、2年目研修   

  みらい農業センター所有の圃場、農業機械等を活用し、専任指導員の指導のもと、地域基幹作物の栽培技術等について基礎的な研修を実施。

3年目研修

  就農先となる農業者宅で、より実践的な農家研修を実施。

農外研修

  ・冬期間は多彩な外部講師を招き各種農業講座を開催。

  ・就農時の営農計画の作成法、各種支援制度(制度資金、補助金)の申請法について指導。

 

 新規就農研修生への支援制度

    ①美幌町の支援制度    月額補助金、家賃助成金、就農奨励補助金等

    ②国、北海道の支援制度  農業次世代人材投資事業(準備型)、青年等就農資金等

 

 

-新規就農までの流れ-

      離農希望者    →    美幌町(みらい農業センター) 

経営継承方式による譲渡を申し出     研修生として入所(3年間研修)

                        

        ↑                       ↓   研修生募集

                                  

      農家研修(3年目)      ←     新規就農希望者  

お問い合わせ

みらい農業センター
電話:0152-75-2324
ホーム くらす 行政 学ぶ・楽しむ 観光・魅力