農地中間管理事業に係る借受希望者の募集について

2017年4月25日

農地中間管理事業とは

 

農地中間管理事業は、農地所有者(出し手)から農地中間管理機構が農地を長期に借入れ、農業経営の拡大、あるいは農業への新規参入を希望される方(受け手)に必要な農地をできるだけ集約して貸し付けることを目的に、平成26年4月1日から開始されました。

 北海道で本事業を行う農地中間管理機構として、公益財団法人北海道農業公社が北海道知事から指定されております。

 ※詳しい事業内容は、北海道農業公社のホームページをご覧下さい。

      URL:http://www.adhokkaido.or.jp   

 

 中間管理機構.gif 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 借受希望者(受け手)の募集について 

 

 農地中間管理機構(北海道農業公社)から農地を借り受けたい方は、北海道農業公社が行う借受希望者(受け手)の公募に応募する必要があります。

 公募は、毎年5月及び9月の2回しか実施されません。(今回は5月公募です。)

 なお、有効期間は5年間となっています。

 募集に応募しない場合は、農地中間管理事業による借受はできませんので、経営規模の拡大を考えている方は、手をあげる必要があります。

 なお、昨年5月以降に申込みされた方は、現在有効期間中ですので今回応募の必要はありません。また、町内農業者で昨年6月の経営所得安定対策申請時に併せて申出書を提出されている方についても現在有効期間中のため新たに応募する必要はありません。

 

 

募集期間 

 

平成29年5月1日(月)~平成29年5月30日(火)

 

 

 

募集区域 

 

美幌地区

 

 

 

応募方法

 

    農業公社ホームページ上から「農用地等の借受希望申出書」を出力し、必要事項記入後、借受希望地のある市町村又は北海道農業公社北見支所に郵送又は持参して下さい。

 なお、美幌町農業委員会事務局及び美幌町役場農政グループにも、「農用地等の借受希望申出書」は用意しております。

 

 

 

受希望者(受け手)の公表 

 

 応募された内容はとりまとめのうえ、「借受希望者の概要表」として農業公社のホームページで公表されます。

 なお、公表されることに同意いただけない場合は、応募を受理できませんので、ご了承下さい。

 

 

 

農地を貸したい方 

 

 農地中間管理事業により、自分で耕作しない農地を農業公社に貸したい方(出し手)は、随時、申出を受けて協議させていただきます。

 詳細につきましては、農業公社又は美幌町農業委員会・美幌町役場農政グループにご相談下さい。

 

 

 

お問い合わせ先  

 

   美幌町役場農政グループ:73-1111(内線244) 美幌町農業委員会:73-1111(内線332)

    北海道農業公社北見支所:0157-25-2826

 

 

 

  

関連ワード

お問い合わせ

農政グループ
農務担当
電話:0152-73-1111
ファクシミリ:0152-72-4768
ホーム くらす 行政 学ぶ・楽しむ 観光・魅力