栄養科

2014年9月21日

 栄養科では、食品の取り扱いや衛生管理面に十分配慮し、毎日のお食事が 入院患者様の楽しみの一つとなるような食事の提供に努めております。

 患者様への食事は、冷たいものは冷たく、温かいものは温かくをモットーに、制限の多い入院生活の中で、できるだけ家庭の食事の雰囲気を味わえるように、そして食材は最大限に地元の業者さんより納入を図り、手作りの食事の提供に努めています。また、栄養士はできる限り患者様のベッドサイドに足を運び、色々な生の声を聞き、日々の食事作りの参考にさせていただいています。

 

栄養科スタッフ

 管理栄養士~1名
 栄養士~1名  
 業務委託会社職員~10名

 

 

入院患者様の食事

・朝食8時、昼食12時、夕食18時配膳(給茶サービス付き) 
 15時 果物配膳(食べられる状態にまで手を加えています)    
・行事食~必要に応じ導入(松花堂弁当、クリスマス、正月など)
・患者様の嗜好やニーズ

  禁止食品の受け入れ
  主食の多様化(パン、めん、おにぎり)
  調味料のサービス(しょうゆ、ソース)

 

 

栄養指導

 食事療法が必要な患者様を対象として、担当医の指示を受けて栄養指導を行っています。また、食品やお食事についてのご相談など、いつでもお受けしていますのでお気軽にご利用下さい。

 

 

 

 

    

 

 

ホーム くらす 行政 学ぶ・楽しむ 観光・魅力