地域医療連携室

2017年6月30日

美幌町立国民健康保険病院「地域医療連携室」

 

 地域の先生各位におかれましては、日頃より患者さまのご紹介をいただき、深く感謝を申し上げます。

 さて、近年の医療制度改革や診療報酬改定では、地域における関係機関との連携推進について重要視されています。これからの時代は、地域全体で各医療機関が互いに協力し、病院完結型から地域全体を包括する医療連携が望まれています。

 当院においても、「地域の方々が必要な時に、スムーズに適切な医療サービスを受けることができる」体制構築に向けて、地域医療連携室を設置しております。

 これからも、より良い医療環境の整備に向けて、地域の先生方からのご指導・ご鞭撻を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

 

美幌町立国民健康保険病院
地域医療連携室 室長 西村 光太郎

 

 

 

 

地域医療連携室の主な業務

1 紹介患者の受入、当院から他医療機関への紹介(患者様の紹介手順について

 

2 栄養指導の受入(栄養指導のご案内) 

 

3 地域医療、保健、福祉及び介護との連携

 

4 患者さまからの相談業務(総合相談窓口)

 

『事前受付申込書』はこちらをクリックして下さい。
『栄養・食事指導依頼書』はこちらをクリックして下さい。

※いずれも印刷(プリント)してお使い下さい。

 

組織体制

 組織体制は、以下の図のとおりです。

 

訪問診療について

  在宅にて療養を行っている方であって、通院が困難な方に対して月1回程度定期的に訪問します。

対象となる方

 ●寝たきりの方・・・身体的な理由で、家族1人の付き添いで外来受診することが不可能か極めて困難な方
 ●認知症などで精神症状が強い方・・・外来診療待ちの環境に耐えられず症状が悪化するなど、通常の受診が極めて困難な方
 ●その他・・・・訪問診療を行うことが特に有益であると認める方 例:末期がん患者で、自宅療養の環境と時間が特に貴重であるなど
 

 

対象となる疾患      

訪問診療の対象に病名による特別な限定はありませんが、主に内服薬による治療となる慢性の内科疾患が中心です。自宅での尿・血液検査、比較的平易な措置も可能です。
 【例
高血圧・糖尿病などの生活習慣病、慢性肺疾患、慢性胃腸疾患、脳梗塞後遺症、軽度の褥創、骨粗しょう症、積極的治療をしない悪性腫瘍、不眠症、軽度のうつ病など


訪問診療の流れ     

定期訪問診療日:第3週の水曜日午後

 

 

※当院の患者さまを対象といたしますが、他の医療機関がかかりつけ医である場合には紹介状をご持参いただき、外来受診の結果により訪問診療可能かどうかお返事させていただきます。患者さまご本人の受診が難しい場合にはご家族のみの受診も可能です。


 

連絡先

地域医療連携室専用電話・専用FAX   TEL:77-3116 FAX:77-3122
お問合せ時間:平日の午前8時30分~午後5時00分まで

ホーム くらす 行政 学ぶ・楽しむ 観光・魅力