きてらすについて

2015年12月3日

 「きてらす」の由来は

「木」にみんなが集まる「テラス」

「木」がみんなを明るく「照らす」という思い。

そしてみんなで来てくださいの「キテ」の響きから愛称が付けられました。

 

美幌林業館は、カラマツの利活用を実証展示するほか、木材生産活動や森林の優れた機能を多角的に紹介することにより、カラマツの良さを地域内外に知っていただくための施設として昭和63年に設置されました。

平成27年のリニューアルに当たり、子ども達が木の遊具等で遊べるスペースを設け、一般公募により「きてらす」と愛称がつけられました。

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

耕地林務グループ
ホーム くらす 行政 学ぶ・楽しむ 観光・魅力