70歳~74歳の方の医療制度について(国保)

2016年3月31日

高齢受給者証

70歳の誕生日の翌月(誕生日が1日の方はその月)から、医療機関を受診したときの自己負担割合や自己負担限度額が変更になります。

国保に加入されている方には、高齢受給者証を役場から郵送でお届けしますので、医療機関を受診する際には、保険証と一緒に提示してください。

※高齢受給者証の提示がない場合には、医療機関の窓口で支払う自己負担の割合が3割となりますのでご注意ください。

 

医療費の自己負担割合

保険証と高齢受給者証を医療機関に提示することにより、70歳から74歳までの自己負担割合は次のようになります。

・平成26年4月1日までに70歳の誕生日を迎えた方 … 1割

 (誕生日が昭和19年4月1日までの方)

 ※現役並み所得者は3割

・平成26年4月2日以降に70歳の誕生日を迎える方 … 2割

 (誕生日が昭和19年4月2日以降の方)

 ※現役並み所得者は3割

 

現役並み所得者とは

同一世帯に住民税課税標準額が145万円以上の70歳以上75歳未満の国保被保険者の方が1人でもいる方

ただし、その該当者の誕生日が昭和20年1月2日以降の場合は、70歳以上75歳未満の各人の所得から33万円を差し引いた金額が210万円以下の場合は一般の区分となります。

また、70歳以上75歳未満の国保被保険者の方の収入合計が、2人以上の場合は520万円未満、1人の場合は383万円未満 の場合は、申請により1割または2割負担となります。

 

自己負担(一部負担金)限度額

 1ヶ月の医療費の自己負担額が限度額を超えたときは、あとから申請することで超えた額が高額療養費として支給されます。

詳しくはこちらをご覧ください。

 

入院時の食事代

 入院時の食事代についてはこちらをご覧ください。

 

高齢受給者証の更新について

高齢受給者証の有効期限は原則毎年7月31日となり、更新時の新しい受給者証は役場から郵送でお届けします。

※75歳の誕生日を迎える方については、受給者証の有効期限は75歳の誕生日の前日までとなっています。

 75歳の誕生日からは、後期高齢者医療制度で医療をうけることになります。

お問い合わせ

環境生活グループ
医療給付担当 内線281・282
電話:0152-73-1111
ホーム くらす 行政 学ぶ・楽しむ 観光・魅力