行政不服審査法の新法対応に関するパブリックコメント(意見公募)手続

2016年1月20日

※ パブリックコメントを実施したところ、ご意見はありませんでした。

 

 

政策等の案の名称 行政不服審査法の施行に伴う整備条例(案)
意見等の提出期間

平成28年1月20日(水)~ 平成28年2月19日(金)

趣旨・背景

 行政処分に係る不服申立制度は、行政の自己反省機能を活用し、訴訟によらないで簡易迅速に国民の権利利益の救済を図るADR(裁判外紛争解決手続; Alternative Dispute Resolution)の一種であり、国民から信頼される公正な行政の基盤となる仕組みです。

 旧法は、その一般法として、東京オリンピックを目前に控えた1962年に制定されましたが、その後50年以上にわたり実質的な改正のないままでした。この間、行政の公正性・透明性等に関する国民の意識は大きく変わり、関係制度の整備・拡充も進むなかで、不服申立制度についても、時代の変化に応じた見直しを求める声が高まっていました。

 このような情勢を踏まえ、より公正な手続で、よりスピード感をもって国民の権利利益の救済を図る制度として、2014年に行政不服審査法が全面リニューアル(全部改正)されました。これに伴い、本町においても、2016年4月1日(新法の施行期日)までに関係条例の改正等が必要となるため、その改正案を1本の整備条例としてまとめ、3月議会に提出します。

参考ウェブサイト

行政不服審査法(電子政府窓口 e-Gov)

行政不服審査法の見直し(総務省)

国際文化研修 第89号 2015年秋「特集2 行政不服審査」(JIAM・機関誌)

行政手続・行政管理に関する調査研究(総務省行政管理局)

案・関連資料

改正行政不服審査法について(総務省・配布資料)

行政不服審査法の新法対応について

整備条例の概要について

整備条例条例(案)

改正内容の新旧対照表

案・関連資料の閲覧
及び配付場所

・役場総務グループ(役場本庁舎2階)

・美幌町情報コーナー(役場本庁舎1階ロビー)

・美幌町図書館

意見を提出できる方

・町内にお住いの方

・町内に通勤・通学されている方

・町内に事務所のある法人、その他の団体

意見の提出方法 

・ご意見は、書面の持参、郵送、FAX、メールのいずれかの方法でご提出ください。

 口頭では受け付けていません。

・ご意見には、「政策等の案の名称」「お名前」「ご住所」「お電話番号」を明記願います。

・法人その他の団体の場合は、併せて「名称」「所在地」をご記入ください。

・意見の提出様式は定めていませんが、次の様式をご用意していますので、ご利用ください。

 意見書(PDF版)   意見書(Word版)

【提出先】 美幌町 総務部 総務グループ 庶務担当

 〒092-8650 網走郡美幌町字東2条北2丁目25番地

 FAX:0152-72-4869  (TEL:0152-73-1111)

 電子メール:soumuk@town.bihoro.hokkaido.jp

その他

・ご提出いただいたご意見は、町の回答と併せて、このホームページと役場1階ロビーの

 情報コーナーで公表します(お名前、ご住所など、個人情報に当たる内容は除きます)。

・お寄せいただいたご意見に対する個別の回答はしていませんので、ご了承ください。

 

 

ホーム くらす 行政 学ぶ・楽しむ 観光・魅力