美幌伝道大使

2017年5月22日

~ 美幌版総合戦略に基づく「美幌町まちづくり参画プロジェクト」を活用したまちづくりの推進 ~

 

この度、美幌高校マテリアル班の学生が、本事業を活用し、「美幌伝道大使」としての活動を始めました。

「美幌伝道大使」の活動や伝えたいこと、学生の思いが、まちづくりにつながっていきます。

それは小さな一歩かもしれません。でもその投石は、波紋となって大きな大きな影響を持つ活動となるでしょう。

皆さまの応援と協力をお願いします。

 

  

 新 着 情 報 

H29.5.22   美幌伝道大使第2期生を任命しました。 

 

 

 美幌伝道大使のご紹介 

 

 「美幌伝道大使」は美幌町長から任命されたまちづくり学生推進員です。

 

【第1期生】北海道美幌高等学校「地域資源マテリアル班」の学生12名

 

 任期:平成28年6月30日~平成29年3月31日

 >>>第1期生のメンバー・活動記録はこちら

 

 

【第2期生】北海道美幌高等学校「地域資源マテリアル班」の学生11名

 

 任期: 平成29年5月17日~平成30年3月31日

 

【3年生 6名】 

 2年石川君.jpg

2年大谷君.jpg 2年森田君.jpg 2年武田君.jpg 2年新田君.jpg 2年天野さん.jpg

いしかわ たくみ

 

石川 匠

おおたに みちる

 

大谷 暢

もりた せいや

 

森田 誠也

たけだ ゆうだい

 

武田 優大

にった ゆうすけ

 

新田 悠介

あまの かな

 

天野 可菜

 

 

 

【2年生 5名】

 大森元気(小).jpg

桑田亜美(小).jpg 阿部友弥(小).jpg 上原凌央(小).jpg 小川翔(小).jpg

おおもり げんき

 

大森 元気

 くわた あみ

 

桑田 亜美

あべ ともや

 

阿部 友弥

うえはら りょお

 

上原 凌央

おがわ しょう

 

小川 翔

 

     「活動を通じて美幌の良さを広めたい!!」

  

 

 

 活動目的・活動内容 

 

[目的]

 美幌高校地域資源マテリアル班が実践している循環型養豚は、豚の餌となる野菜、豚の糞から作った堆肥、それを活用した野菜栽培、と地域資源を活用した取組です。そして生産した肉は様々な商品になっています。

 こうした、地域が育んだ資源を活かした活動を、美幌町に広め、地域を笑顔・元気にすることが目的です。

 

[主な活動内容]

○循環型農業の基礎となる豚糞堆肥の研究・実践

○循環型農業・養豚のテキスト(漫画)化

○テキストを用いた小中学生への出前授業、食育

○高校の農場を活用した幼・保育園児への農業交流、食・色・触育

○循環型農業・養豚から生産された野菜と肉を活用した料理メニュー開発 

 

 

 活 動 記 録【第2期生】 

 

 

1 美幌伝道大使任命式(H29.5.17)

  3年生6名、2年生5名が町長から任命書を手渡され、代表の大谷君が今後の活動への決意表明を行いま

 した。町長からは期待と激励の声がかけられました。

  3年生は第1期の2年生がそのまま最上級生となり活動を担います。

  第2期生11名の活動がこれから始まります。    

     DSC_8275○.JPG DSC_8255表紙.jpg DSC_8271.JPG

 

     美幌伝道大使11名及び伝道大使推進協議会    任命書授与    代表挨拶

 

 

 

  

 ※活動記録は順次アップ・更新していきます。

 

 

 活動成果 

 

○循環型農業・養豚のテキスト(漫画)化

  bihoro_0621_0001.jpg 漫画テキスト.pdf(1MB)

 

 

○高校の農場を活用した幼・保育園児への農業交流、食・色・触育

 【第1期生】

  美幌伝道大使食育レポートfor園児.pdf(1MB)

  美幌伝道大使食育レポートfor小学生.pdf(1MB)

 

○循環型農業・養豚から生産された野菜と肉を活用した料理メニュー開発

  美幌伝道大使応援フェアチラシ.pdf(685KB) 

関連ワード

お問い合わせ

まちづくりグループ
計画担当
電話:0152-73-1111
ホーム くらす 行政 学ぶ・楽しむ 観光・魅力