行政評価

2016年12月1日

行政評価制度とは      

 「行政評価制度」は、美幌町自治基本条例に基づき、美幌町行政評価実施要綱に定めて行っています。

 

行政評価の目的

 町が行っている仕事を、効果的かつ効率的に進めるため、実施結果の検証を行うとともに、行政評価結果を公表することで、

 行政活動の成果や目標を皆さんに説明し、わかりやすく透明性の高い行政運営を目指します。

 

行政評価の概要

 ●基本事業評価

  施策の目的達成のために行う事務事業を束ねる「基本事業」を評価します。

 

 ●事務事業評価

  施策を実現するための個々の具体的な手段である「事務事業」を評価します。 

 

 

                    

体系図

 

 

行政評価の方法

 ●1次評価

  事業を担当する主幹が実施する評価。

  基本事業を構成する事務事業ごとに「妥当性」「有効性」「効率性」の視点から

  今後の方向性を判定するとともに、基本事業の「指標」「構成する事務事業の妥当性」

  「実施主体の妥当性」を判定するもの。

  

 ●2次評価 

  総務部長が実施する評価。 

  1次評価の結果を踏まえ、基本事業を単位として今後の方向性を判定するもの。

 

行政評価結果の公表

 平成27年度 評価結果一覧【2次評価調書】(127KB)事後評価シート(主要な施策の成果報告書)(42MB) 

 ※平成27年度事業の価結果の公表は、1次評価の結果により拡充又は効率性を上げる必要があると判定された事務事業で

  構成される基本事業(61事業)に対して行った2次評価結果です。

お問い合わせ

まちづくりグループ
政策担当
電話:0152-73-1111
ホーム くらす 行政 学ぶ・楽しむ 観光・魅力