美幌町新庁舎基本方針

2017年9月15日

1 美幌町新庁舎基本方針

美幌町では、この度美幌町新庁舎建設基本方針」を別添のとおり策定いたしました。

この方針は、平成29年度実施中の庁舎の耐震診断結果(中間報告)が“耐震性無し”という内容だったことを受け、耐震補強工事をせず、新庁舎の建て替えに向けて執り進めることを定めたものです。

 

【方針の主なポイント】

 

・現状の庁舎は、耐震性の不足や庁舎の狭隘化、あるいはバリアフリーなど多くの問題を抱えていること。
・耐震補強工事をせず、新庁舎を建設すること。
・現有敷地内に建設すること。
・今後10年間に建設を検討している他施設との複合化は大変厳しい状況にあること。
・新庁舎の目安は4,500㎡、総事業費30億円
・平成32年度までの時限措置である「公共施設等適正管理推進事業債」を活用すること。
 (充当率:90%(内交付税措置75%)、交付税措置30%)
・平成33年度供用開始を目標としていること。

 

ご理解とご協力の程、よろしくお願いいたします。

 

美幌町新庁舎建設基本方針.pdf(2MB)

 

 

 

お問い合わせ

総務グループ
電話:0152-73-1111(290)
ホーム くらす 行政 学ぶ・楽しむ 観光・魅力