庁舎耐震診断結果

2017年11月30日

3 庁舎耐震診断結果

 平成29年度に庁舎棟と議事堂の耐震診断を実施しました。

 結果は、いずれも“耐震性なし”と判定されました。

 震度6強程度の振動及び衝撃に対して、倒壊又は崩壊の危険性が高いことが明らかになったところです。

 

 耐震基準を満たすための補強工事では、庁舎の内外に鉄骨のブレース(四辺形で囲んだ鉄骨の軸組)で補強することとなり、執務室が更に狭くなります。

 また、耐震補強工事や長期間庁舎を使用するための工事には多額の費用を要します。

 

 美幌町では、耐震補強工事を実施せず、新庁舎を建設することとし、平成33年度の供用開始を目指しております。

 

  

 耐震診断最終報告(概要版).pdf(611KB)

お問い合わせ

総務グループ
電話:0152-73-1111(290)
ホーム くらす 行政 学ぶ・楽しむ 観光・魅力