庁舎建設設計業務プロポーザル

2018年3月23日

9 庁舎建設設計業務プロポーザル

 新庁舎の建設に係る設計業務を委託するにあたり、公募型プロポーザルを実施します。

 参加を希望する事業者は、実施要領等をダウンロードのうえ、必要書類を提出してください。

 

(1) 実施要領・スケジュール 【提出期限:参加表明書等 平成30年4月5日(木)】

 

(2) 参加表明書等に関する質問に対する回答  

 

(3) 第1次審査の結果について  

 

(4) 技術提案書等に関する質問に対する回答

 

(5) 庁舎建設設計業務プロポーザルの結果について

   

 

 ※プロポーザル方式とは …

   

 業務委託先を決める際、業務遂行に要する価格の安い方を提示した者を選定する「競争入札方式」を用いることが多いですが、専門性を要する調査業務などの場合、単に価格の安さだけで選定したのでは、期待した結果が得られない場合が生じてしまうことが懸念され、また、過去に実績のある者を選定する「随意契約」については、公平性の観点から問題があります。 

 このため、公募または指名により複数の者(受託希望者)からその目的に合致した企画を提案してもらい、その中から企画・提案能力のある者を選ぶ方式が「プロポーザル方式」です。

 プロポーザル方式による発注は、発注者が事前に業務(あるいは建築物)の場所・目的・期間を提示し、受託希望者はその業務(設計)に対する遂行方法、その方法を選択するメリット等を提案し、提案書の形でとりまとめるもので、発注者はその提案書を審査するとともに、受託希望者に提案内容についてのヒアリングを行い、提案書並びにヒアリングの結果を基に設計者を選定します。

  選定後は、提案書選定の時点ですでに競争が終了しているとの考え方から、随意契約により業務委託契約を締結することとなります。

お問い合わせ

総務グループ
電話:0152-73-1111(290)
ホーム くらす 行政 学ぶ・楽しむ 観光・魅力