中小企業の設備投資を支援します!(生産性向上特別措置法)

2018年6月25日

 

新規取得設備の固定資産税が最大3年間ゼロになります! 

 

  平成30年6月6日に施行されました「生産性向上特別措置法」により、下記の要件を満たす中小企業の設備導入に対する支援が強化されます。(3年間限定)

 

 要件1    

国から「導入促進基本計画」の同意を受けた地域に所在する中小企業者であること

 要件2      年率3%以上の労働生産性の向上を見込む「先端設備等導入計画」の認定を受けた設備投資であること

 

 上記の要件をどちらも満たす場合の償却資産の課税標準は、市町村の条例で定める割合(ゼロ~1/2)を乗じて得た額となります。

 

 美幌町は「導入促進基本計画」を策定し、国からの同意を得ました(平成30年6月8日) 

         美幌町の導入促進基本計画をご覧になる方はこちらをクリックしてください。

 美幌町は、対象となる設備等の固定資産税に対する課税標準をゼロにします!

      町税条例改正については、平成30年6月21日に定例会で議決を得ました。

 

  設備取得までの流れ は下記のとおりです。

  

事前確認依頼

先端設備等導入促進計画の策定をする前に経営革新等支援機関にご相談ください。

(美幌町内の経営革新等支援機関については、こちらをクリックしてください)

事前確認書発行

経営革新等支援機関が確認書を発行します。

計画申請

ご連絡のうえ、町に先端設備等導入計画と確認書を提出してください。

(連絡先・経済部商工観光グループ商工労政担当 0152-73-1111内線292)

計画認定

町が認定書を発行します。

国の補助事業をご利用の場合は、認定書を含む必要書類を補助事業事務局に提出してください。

補助事業については下記「補助金が優先採択されます!」をご覧ください。

設備取得

設備を購入可能となります。(補助事業利用時は交付決定後となりますのでご注意ください。)

  

 対象となる設備や制度の詳細についてこちらをクリックしてください。(経済産業省北海道経済産業局特設ページ)

 

補助金が優先採択されます!

 

 さらに、固定資産税の課税標準をゼロと措置した地域で、上記の要件をどちらも満たす事業者は、下記の補助金において優先採択されます。

ものづくり・商業・サービス経営力向上支援事業                                      (ものづくり・サービス補助金)  中小企業が生産性向上に資する革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセス改善を行う際の設備投資を支援
小規模事業者持続化補助金                                                 (持続化補助金) 小規模事業者が、商工会・商工会議所と経営計画を作成し、販路開拓等を行う取組を支援
戦略的基盤技術高度化支援事業                                                     (サポイン補助金) 中小企業が大学・公設試等と連携して行う研究開発、試作品開発及び販路開拓を支援
サービス等生産性向上IT導入事業                                                  (IT補助金) 中小企業等の生産性向上のため、業務効率化や売上向上に資する簡易的なITツール(ソフトウェア、アプリ、クラウドサービス等)の導入を支援

 

  上記補助金の申請・受付先につきましては、それぞれの事業名または補助金名をクリックしてください。

 

受付開始日について

 平成30年7月2日(火)より先端設備等導入計画の認定申請受付を開始いたします!

 ※前述の「設備取得までの流れ」をご覧になり、時間に余裕を持ってご準備ください。

 認定申請にあたっては、下記の書類が必要です。

 ①チェックシート(エクセル版PDF版

 ②計画認定申請書(ワード版PDF版

 ③先端設備等導入計画

 ④認定支援機関からの事前確認書

 ⑤購入する設備等の性能を証明する工業会等の証明書(後日提出可)

 

 

 

 

お問い合わせ

商工観光グループ
商工労政担当(292)
電話:0152-73-1111
ホーム くらす 行政 学ぶ・楽しむ 観光・魅力