カセットボンベ・スプレー缶(エアゾール缶)の処理方法が変わりました。

2019年2月4日

中身のガスを使い切って出すようにしてください。穴あけは「不要」です。

 

ごみとして出す際は、以下の2点にご協力ください。

  • 缶の中のガスを完全に使い切る
  • 缶を振り、中身が入っていないか音を確認

 

もし缶を振って音がする場合は?

「シャカシャカ」等の音がする場合、中身が入っているので、スプレーのボタンを押して必ず音がしなくなるまで使い切る(ガス抜きキャップがあれば利用する)

  • 中身が残っている場合、作業時に爆発等が起こる場合があります
  • ガス抜きは「火気のない風通しのよい屋外」で行ってください

 

ごみの出し方はどうする??

□スプレー缶以外の缶とは別の袋で分別する

  • 他の缶と分け、「スプレー缶・カセットボンベのみ」を透明な袋に入れて資源ごみの日に出してください。(これまで通り穴が開いているものも回収します。)
  • 出す日は今までと同じ資源ごみの日で問題ありません

 

わからないときは・・・

・スプレー缶(エアゾール缶)の中身の出し方については、(社)日本エアゾール協会のホームページに詳しく掲載されているのでご覧ください


・カセットボンベを使い切れないものや、処理の方法の質問は、(社)日本ガス石油機器工業会[カセットボンベお客様センター](フリーダイヤル:0120-14-9996)までお問合せください

 

お問い合わせ

環境生活グループ
環境衛生担当
電話:0152-73-1111
ホーム くらす 行政 学ぶ・楽しむ 観光・魅力