おたふくかぜ予防接種の費用を助成します

2020年4月1日

おたふくかぜの予防接種は、予防接種法に基づかない任意の予防接種です。

ワクチンの効果と副反応を十分に理解したうえで、接種を受けることをお勧めします。

おたふくかぜとは

ムンプスウイルスの飛沫感染後、2~3週間の潜伏期を経て発病します。発病は3~6歳が多く、主な症状は耳下腺の腫脹で痛みや発熱を伴うことがあります。合併症で最も多いのは無菌性髄膜炎で、他にも脳炎、膵炎、難聴などがあります。

 

接種期間・接種回数・助成額

 

ワクチン接種期間助成回数

助成額

おたふくかぜ

 

1歳から就学前

 

  1回 接種費用全額

  

 接種料金

無料 

 

助成を受ける方法

1.田中医院・国保病院で接種を受ける方

助成を受けるには、「美幌町子どもの任意予防接助成金申請書」(おたふくかぜ用)を医療機関へ提出しなければなりません。

助成を希望される方は、予防接種を受ける前に、役場母子・成人保健担当の窓口で申請書をお受け取りください

 

2.中村記念愛成病院(小児科)・北見赤十字病院(小児科)で接種を受ける方

全額を医療機関にお支払いください。

接種後に申請に基づき接種費用をお支払いいたします。

接種前に成人・母子保健担当へご連絡ください。助成対象の確認と申請の説明をいたします。

申請時に必要な物:予防接種名が記載されている領収証、母子手帳、振込先希望の金融機関の口座番号

 

 

実施医療機関

※事前に予約が必要です。

医療機関電話番号実施曜日時間持ち物
田中医院

73-2913

月・火・木・金曜日

8:30~9:00/9:30~10:00

14:30~15:00/15:30~16:00

 

 

○美幌町子どもの任意予防接種助成金申請書(おたふくかぜ用)

 

○母子手帳

 

水曜日

8:30~9:00/9:30~10:00

国保病院 73-4111 原則火曜日 15:30~16:30

中村愛成

(0157)

33-3088

水曜日 13:30~16:00 ○母子手帳
相談に応じて診療時間内も可
北見日赤

(0157)

24-3115

木曜日 午後

 

 

 

 予防接種を受けた後の注意事項

◎接種後に重いアレルギー症状が起こることがありますので、予防接種を受けたあと30分間は、

 医療機関でお子様の様子を確認するか、医師とすぐ連絡をとれるようにしておきましょう。

 

 

 

お問い合わせ

保健福祉グループ
母子・成人保健担当
電話:0152-73-1111
ホーム くらす 行政 学ぶ・楽しむ 観光・魅力