学校における働き方改革推進プランを策定しました

2019年6月7日

美幌町の学校における働き方改革推進プランの策定

 

 社会の急激な変化が進む中、学校教育の改善・充実が求められており、その実現に向けては、教員が限られた時間の中で児童生徒に接する時間を十分に確保し、児童生徒に真に必要で総合的な指導を接続的に行うことが必要です。

 

 

平成28年度に道教委が実施した「教育職員の時間外勤務等に係る実態調査」では、1週間当たりの勤務時間が60時間を超える者の割合が、教諭については小学校で2割、中学校で4割を超えており、教頭については小・中学校とも7割を超えているという結果が明らかになっており、教員が子どもと向き合う時間を確保するための取組の充実が喫緊の課題となっています。

 

 本町においても、1週間当たりの勤務時間が60時間を超える教員の割合は、道教委の調査と同様の状況にあるものと認識しており、町教委では、町立学校における教員の時間外勤務縮減に向けた業務改善計画である「美幌町立学校における働き方改革推進プラン」を策定しました。

 

 この推進プランにより、美幌町立学校の教員が授業や授業準備に集中し、健康でいきいきとやりがいをもって勤務しながら学校教育の質を高め、児童生徒に対する指導の一層の充実を目指します。

 

 

 美幌町働き方改革推進プラン【概要版】.pdf(514KB)

 

 美幌町働き方改革推進プラン.pdf(327KB) 

 

リーフレット「学校現場での働き方の見直しを進めていきます」について

 教職員の時間外勤務の現状と多忙化改善に向けた取組について、保護者や地域の方々にご理解いただくためのリーフレットを作成しましたので、公表します。

 

 リーフレット「学校現場での働き方の見直しを進めていきます」.pdf(667KB)

お問い合わせ

学校教育グループ
電話:0152-73-1111
ホーム くらす 行政 学ぶ・楽しむ 観光・魅力