改元に伴う文書等への元号の表記について

2019年4月26日

 

  「元号を改める政令」が本年4月1日に公布され、5月1日から元号が「平成」から「令和」に改められ

 ます。

  本町で作成する文書等の日付は原則として和暦を使用するため、改元に伴う元号表記の取扱いについて

 お知らせします。

 

 

 1.新元号の使用等

    改元期日である5月1日以降の文章等に使用する元号は「令和」で表記することとします。

   ただし、5月1日以降であっても、文書の印刷や発送スケジュールの関係上、5月1日以降の日付を

  「平成」と表記している場合がありますが、法律上の効果に影響はありませんので、新元号の応当日

   に読み替えてください。

    新元号の初年は、「元年」と表記することを原則としますが、領収日等の表示は「元年」ではなく

  「1年」表示される場合があります。

  

   ※一部の書類においては、元号の訂正部分を二重線で消し、新元号を記載する場合もあります。

 

    

 2.旧元号による表記の効力及び取扱い
    国民健康保険証や納税通知書、契約書、許可書、証明書等の文書で有効(納税)期限等を平成31年

   5月1日以降の日付で表記しているものについては、改元後においてもその法律上の効果が変わること

   はありません。

     「平成31年」は「令和元年」、「平成32年」は「令和2年」、「平成31年度」は「令和元年度」

   読み替えていただきますようお願いいたします。
   (書類の書き換えや再発送は行いません。)

   

 

 3.年度の表記

    本町における本年4月1日から翌年3月31日までの会計年度の表記は「平成31年度」とします。

    年度の表記は、文書により「平成31年度」と「令和元年度」で表記される場合がありますが、

         こちらも法律上の効果に影響はありませんので、「平成31年度」と記載されているものについては

  「令和元年度」と読み替えていただきますようお願いいたします。

 

 

 4.町に提出していただく届出書の表記

      町民の皆様から本町に提出される申請書等で、本年5月1日以降の日付において、元号表記が

  「平成」されていても元号表記を「令和」に読み替え、有効なものとして取扱います。 

    

    

    当分の間、本町文書の元号表記において「平成」、「令和」、「平成を令和に訂正したもの」が

   混在することとなりますが、皆さまのご理解とご協力をいただきますようお願いいたします。

お問い合わせ

総務グループ
庶務担当
電話:0152-73-1111(214,215)
ホーム くらす 行政 学ぶ・楽しむ 観光・魅力