【ご注意ください!】10月より狩猟が解禁されました。

2019年10月3日

 今年も10月1日から、北海道の狩猟が解禁されています。

 

 町内をはじめとするオホーツク管内のエゾシカの狩猟は10月19日より解禁となり、道内外を含む多数のハンターが町内に入り銃器を用いた狩猟を行います。 

 

 例年、道内各地でも狩猟を行うハンターの「誤射」により、人身事故等が発生しているため、仕事や山菜採りなどで森林内に入林する場合は、目立つ服装・帽子などを着用し、事故に遭遇しないよう十分ご注意ください。

 

 ○北海道の狩猟期間(北海道全域)

 

    令和元年10月1日(火) ~ 令和2年1月31日(木)まで(123日間)

 

 ○平成31年度エゾシカ狩猟期間(美幌町及び斜里町の一部・西興部村を除くオホーツク総合振興局管内各市町村)

 

    令和元年10月19日(土) ~ 令和2年2月29日(土)まで(134日間) 

    ※エゾシカ狩猟については、生息数の増加及び生息区域の拡大を抑えるために狩猟による捕獲の機会を最大限に確保する必要があるため、狩猟期間が延長されています。

関連ワード

ホーム くらす 行政 学ぶ・楽しむ 観光・魅力