平成30年度北海道医療給付事業補助金の申請誤りについて

2020年1月17日

 

 子ども医療費助成に対する北海道医療給付事業補助金の事務処理に誤りがあり、平成30年度に北海道から交付される補助金、91万9千円が、受けられなくなりましたので、町民の皆様に、ご報告させていただきます。 

 今回の誤りは、事務処理における担当者の理解不足と確認もれにより、発生したものであります。

 今後、このようなことが、二度と起こらないよう、職員への指導の徹底を行い、町民の皆様の信頼を、一日でも早く回復出来るよう、全力を尽くしてまいります。

 

 

  1 概要

 民生部保健福祉グループでは、子どもの疾病の早期治療を促進し保健の向上と増進を図るため、医療費(入院・外来・歯科・調剤・柔道整復等)の一部を助成しています。

 医療費の助成でありますが、総事業費から健康保険負担分を除いた額を北海道・町・患者が負担しています。この医療給付事業に係る補助金申請の事務処理を誤り、平成30年度の北海道補助金が919,000円交付を受けられなくなりました。

 なお、金額については、過年度分の額の再確定が必要であり、実績報告を北海道へ再提出し決定されることとなります。

 

2 原因及び経緯 

 北海道医療給付事業の内、乳幼児等医療給付事業及びひとり親家庭等医療給付事業に係る補助金申請事務において、担当者が補助金調書に記入するべき経費を理解せずに申請を行い、また、チェック体制も十分でなく、結果誤った金額で申請を行ったものです。

 

 ()乳幼児等医療給付補助事業の申請書等に記載する医療費の算出方法

  (正)「道補助対象①+町補助対象②」-「町補助対象②」  

  (誤)「道補助対象①」       -「町補助対象②」 

  ()ひとり親家庭等医療給付補助事業の申請書等に記載する医療費の算出方法

    (正)「道補助対象①+町補助対象②」-「町補助対象②」

    (誤)「道補助対象①+町補助対象②」-「患者負担」

 

 ()医療費補助金額

                                                                (単位:円)

 

乳幼児医療

ひとり親

 

 

 

 

   

H30年度精算額     a

7,520,000

3,135,000

H30年度再確定予定額 b

8,567,000

3,007,000

差し引き        a-b

1,047,000

128,000

相殺後の予定額

919,000(1,047,000-128,000)

  

 3 今後の対策について

 今回の問題は、事務処理における担当者の理解不足と確認漏れにより発生したものですが、管理監督者も含め通常必要となる事務処理を行っていれば、発生を未然に防ぐことができたものです。

 今後は、補助事務のマニュアルを作成し、各担当者が補助金申請事務を充分理解した上で、事務の引継ぎ及び管理監督者を含めた定期的チェックをしっかり行い、再発防止に向けた取り組みを実行致します。

 

 

 

 

 

お問い合わせ

保健福祉グループ
電話:0152-73-1111
ホーム くらす 行政 学ぶ・楽しむ 観光・魅力