令和3年度税制改正について

2020年10月14日

 

 

 令和3年度から適用される主な税制改正内容をお知らせします。

 

 

 

給与所得控除・公的年金等控除から基礎控除への振替(個人所得課税の見直し)

 

 ○ 給与所得控除・公的年金等控除の金額が一律10万円引き下げられ、基礎控除の金額が10万円引き上げられます。 

 

 

 

 

 

給与所得控除の見直し 

 

 ○ 給与所得控除が一律10万円引き下げられます。

 

  ○ 給与所得控除の上限額が適用される給与収入金額が850万円、その上限額が195万円に引き下げられます。 

 

 

 

 

 

 

公的年金等控除の見直し

 

 ○ 公的年金等控除額が一律10万円引き下げられます。

 

  ○ 公的年金等収入額が1,000万円を超える場合、公的年金等控除額は195万5千円が上限となります。 

 

 

  

 

 

 

基礎控除の見直し 

 

  ○ 基礎控除額が10万円引き上げられます。

 

  ○ 合計所得金額が2,400万円を超える方はその合計所得金額に応じて控除額が逓減し、

  合計所得金額が2,500万円を超える方は基礎控除の適用はありません。 

 

 

 

 

 

非課税基準、扶養親族等の合計所得金額要件等の見直し

 

 ○ 所得控除等の合計所得金額等の要件が見直しされます。 

 

 

 

 

 

 

未婚のひとり親に対する税制上の措置及び寡婦(寡夫)控除の見直し

 

 ○ 未婚のひとり親に対して、「ひとり親控除」が適用されます。

 

  ○ 「未婚のひとり親」以外の寡婦については、引き続き「寡婦控除」が適用されますが、

  所得制限(合計所得金額500万円以下)を設けることとなりました。

 

 ※ 住民票の続柄に「夫(未届)」「妻(未届)」の記載がある方は、「ひとり親控除」、

  「寡婦控除」の対象外となります。 

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

税務グループ
課税担当
電話:0152-73-1111
ホーム くらす 行政 学ぶ・楽しむ 観光・魅力