感染予防支援事業補助金 Q&A

2021年3月30日

  

 新北海道スタイル

 

Q1 新北海道スタイルとはなんですか。
A1 新型コロナウイルスとの闘いが長期化している中、国が示した「新しい生活様式」の北海道内での実践に向けた、新しいライフスタイルやビジネススタイル、それが「新北海道スタイル」です。

 

  新北海道スタイル 

 

Q2 新北海道スタイルを実践しないと支援金は受けられないのですか。
A2 新北海道スタイルの1から7については、皆さんが取り組めることですので実践してください。  プラス1の北海道コロナ通知システムの導入はインターネット接続のPCがあれば簡単にできます。可能な限り来店者、来客者の安心のため実施してください。

 

 

対象者

 

Q3 確定申告書類に税務署の収受印が押印されていません。
A3 申告期限内に税務署に提出したものであれば収受印がなくても構いません。


Q4 未だ確定申告をしていませんが、申請できますか。
A4 申し訳ございません。確定申告をしていないと受付できません。


Q5 【個人事業者】令和2年6月に開業し事業収入が130万円未満でしたが、対象になりませんか。
A5 対象になる場合がありますので、開業後1年が経過していない個人事業者については、個別にご相談ください。


Q6 【個人事業者】美幌町に住民登録していませんが、町内でお店をしています。対象になりますか。
A6 はい。対象になります。


Q7 複数の事業所や部門があるが、切り分けて申請できますか。
A7 支援金は、法人又は個人事業者単位としているため同一法人(個人)で複数申請は出来ません。なお、別法人、別事業者であっても同一の施設を複数で使用している場合は、主に施設を管理している事業者の申請とします。


Q8 一つの建物に複数の事業者が入っています。それぞれで申請できますか。
A8 1者のみとし、主として建物を管理している事業者の申請とします。ただし、テナントのように使用区画が明確に区分され、それぞれに接客スペースがあり、それぞれでコロナ感染予防対策を講じている場合は、各事業者で申請できます。


Q9 町外で飲食店を営んでおり、町内には事務所があります。対象になりますか。
A9 独立した事務所であって、来客者のため感染予防対策を実施しているのであれば対象になります。


Q10 住宅兼事務所(又は店舗)としていますが、申請できますか。
A10 住宅兼用の場合であっても入口(玄関)が分かれていれば申請できます。また、入口が一つであっても、生活スペースを通ることなく、事務所又は店舗に入ることが出来れば申請できます。

 

 

対象経費

 

Q11 消耗品と備品はどう区分するのでしょうか。
A11 消耗品は概ね1万円未満又は耐用年数が3年未満の商品とします。


Q12 マスクや消毒液等買いだめしてもいいですか。
A12 半年程度で使い切る範囲は対象といたしますが、それ以上の過度な買い置きは対象外といたします。


Q13 例示されているもの以外は補助対象外ですか。
A13 例示したものは一例です。例示しているものであっても皆さんがしっかりその効果を確認し、必要な対策を講じてください。


Q14 効果が認められないものとは具体的にどのような場合ですか。
A14 製品メーカーや大学、各研究機関でウイルスに対する効果が検証されていないものは対象外になりますので、カタログ等十分にご確認ください。


Q15 美幌町内で取扱いがない商品や町内業者では施工できない場合であっても町外業者では対象外ですか。
A15 申し訳ございません。いかなる場合であっても本事業は町内業者から購入又は施工したものとしております。
   本事業の目的は、感染予防対策を推進する目的と町内経済の活性化の目的がありますので、町内のみとしております。

 

ホーム くらす 行政 学ぶ・楽しむ 観光・魅力